出掛ける前に確認したい「急な雨を知らせるアプリ」3選

出掛ける前に確認したい「急な雨を知らせるアプリ」3選

記事画像

 真夏の暑さが峠を過ぎ、台風のニュースが増えてくると、天候が不安定になる。出かけるときは気配もなかった強い雨が突然、降ってきて、立ち往生させられることも。自分がいまいる場所、これから行く場所の、移動時間内に雨が降るかどうかを知りたい。ゲリラ豪雨が激しかった数年前、現在地に近づく雷雨を知らせてくれるアプリがあると聞いたことがある人も多いのでは。ピンポイントで自分が知りたい地区の雨を知らせてくれるアプリの種類も増え、様々な要望にこたえてくれるものが増えた。そのなかから、特徴の異なる3種類を紹介する。

■あめふるコール
 設定で予報地点を「現在地」に選ぶと、スマホの位置情報から現在地の雨予報が通知される。小雨程度の知らせが必要ないのであれば、設定から知らせる降水量を「弱い雨(5mm未満)」から「猛烈な雨(50mm以上)」まで5段階で選べる。

 通知方法は「ステータスバーで通知」と「ダイアログで通知」から選び、通知の時間帯や曜日も選べる。会社員の優美さん(30代)は、操作が単純で、見た目がかわいいのでスマホに入れたそうだ。

「ウィジェットをホーム画面に置いておくと、1時間先の天気まで表示されるので、とくに何も操作しなくてもすぐに天気が確認できます。雨がきそうなときは通知がくるし。カエルの通知がかわいいんですよ」

 アプリを開いたときのトップ画面には、10分刻みで24時間先までの天気が確認できる「10分天気」が表示され、右へスワイプすると「1日天気」として今日と明日の天気や気温、このさき一週間ぶんの天気予報が確認できる。

 プッシュ通知による雨の知らせも助かるが、予想外に便利なのが「10分天気」。訪問先に到着したあと、そこを出るころに雨が降りそうかどうかを確認できる。

■アメミル

 設定の「雨通知」から地点名を設定すると、その地点の雨予報がプッシュ通知で届く。通知間隔を1時間ごとに1〜12時間まで選べ、通知音声はシステム通知音と女性声優(大西沙織または小澤亜季)から好みのものを選択できる。 トップ画面は現在地を中心にした広域マップに、雨雲があるときは重ねて表示される。ユニークなのは、3Dモードにしたとき。ARカメラが起動して、現在地から周囲10キロ以内の雨雲の様子がアニメーションでカメラ映像に合成されて表示される。確認したい方角へカメラを向けると、そちらにどのくらいの雨雲が待っているかが分かる。営業職の村木さん(30代)は、外回りの仕事で重宝しているそうだ。

「雨のことだけ知りたいのと、地図と連動してすぐに見られるのが気に入っています。客先から帰るとき、地図の上にかかる雨雲をみて怪しいなと思ったら3Dにして、雨が近づいているかどうかを確認します。駅まで降られずに済みそうか、それでだいたいあたりをつけるんですよね」

 と真面目な理由を話してくれたあと「実は、小澤亜季さんのファンでして」とこっそり教えてくれた。とはいえ、会議中に通知音が鳴ると気まずいので、仕事中は通知音がしない設定にしているそうだ。

■ウェザーニュース 天気・雨雲レーダー・台風の天気予報アプリ

 ゲリラ豪雨だけ分かればよいという場合は、やってくる30分前にプッシュ通知される、日本の民間気象情報サービスの草分けウェザーニュースが提供する天気予報アプリがある。

 気象に関する様々な情報を網羅しているアプリで、「スマートアラーム設定」から、地震、津波、台風など多くの通知を選べ、そのうちのひとつに「ゲリラ雷雨」がある。出張が多い40代の佐々木さんは、色々と試した結果、このアプリで会員登録した。

「5分ごとから週間天気まですぐに見られるし、警報や注意報の確認もできる。ゲリラ雷雨がどこで起きているかマップから確認できるだけではなく、近づいてくる30分前までに通知がくる。実際には、もっと早めに通知がくる感じですね。情報量が多くて安心できるので、会員登録して利用しています」

 ウェザーニュースのゲリラ雷雨アラームは有料会員にならないと使用できないが、同会員は入会して1ヶ月間は無料なので、天気が不安定な季節に登録して使い勝手を確かめることもできる。

 上記の3種類だけでなく、雨を知らせてくれるスマホアプリは他にも色々とある。それぞれのライフスタイルにあったアプリをうまく活用して、不意の雨に濡れないようにしたい。

関連記事(外部サイト)