出版界の「POP王」が室井滋の新作エッセイ集を絶賛

出版界の「POP王」が室井滋の新作エッセイ集を絶賛

女性セブン連載などから厳選した、珍道中を綴るエッセイ67本収録

【書評】『ヤットコスットコ女旅』/室井滋・著/小学館/1200円+税
【評者】内田剛/三省堂書店有楽町店副店長。1969年生まれ。NPO法人本屋大賞実行委員会理事で設立メンバーのひとり。出版業界でベストセラーの仕掛け人として知られ、これまでに作成したPOPの枚数は5000枚以上。「POP王」の異名を持つ。

 こんなに幸せ気分にさせてくれる本は珍しい。〇〇〇ルーペを使わなくても字が大きくて読みやすさ抜群だし、医薬部外品ではあるがこの軽妙さに腰痛が一時和らいだほど(あくまで個人の感想です)。読むビタミン剤とも言える本書から伝わるのは、やっぱりムロイさんはとんでもなくオモロイということだ。

「旅は道連れ世は情け、足は靴擦れ夜はお酒」とは誰が言ったか忘れてしまったがそんな軽口もつい出てしまうほど問答無用に楽しめて、風呂場でもないのに鼻歌(BGMはCDアルバム『8つの宝箱〜いとしの毛玉ちゃん〜』より)が漏れてしまうくらい愉快痛快爽快な気分に包まれた(逆に電車の中や病院など静かな公共の場所で読む時には細心の注意が必要である)。

 旅は人生に例えられるが確かにその道中は思いがけないことの連続だ。誘惑あれば迷惑もある。テンションも激しく揺れ動く乱気流状態。しかしサプライズの数だけ旅が魅力的になるのも真実である。すっかりオバサンになったとは言っても元気ハツラツ。ムロイさんの旅も、時には見てはいけないものを見てしまったり、壮絶な神秘体験にドキドキハラハラヒヤヒヤしたりと、もちろん予想外の出来事に満ちている。

 いい意味でミーハー的な好奇心旺盛さで“何かがある”オーラに果敢に近寄り、さらにそのお人柄の良さがあらゆる人種と現象までをも油断させて引き寄せているのだろう。止まらない地元・富山愛にソフトクリームラブもご愛敬。電車の車内アナウンスに面白がるこの気づきはもっと世界を平和にさせるはずである。

 居ながらにして全国を旅することができるだけでなく旅慣れたムロイさんから学べる、タメになる部分が多いことも本書の特徴だ。本編のエッセイに差し込まれたコラム欄も読みどころのひとつである。ここでは「お邪魔じゃなければ連れてって」という触れ込みで旅グッズが紹介されており、ムロイさんならではのセレクトに注目。

「これがあると、すんごく快適3点セット」の耳栓・アイマスク・抗菌ティッシュは王道で納得だが「場合によっては助かるかも?」のゴルフボールと盛り塩はちょっと危険な匂いも漂って…後は読んでのお楽しみ。他のコラムでは女性ひとり旅に向けた「あらまあ、お気をつけあそばせ」10か条にシゲルおすすめ「生物的開運スポット」もご案内。こちらも必読だ。

 大らかな人間愛に満ちたこの一冊は生きにくくて息苦しいこの世にこそ必要だ。旅は、思い立ったら今この瞬間にも出られる気ままさが魅力だし、隣近所への散歩も気分次第でちょっとした旅になる。できれば避けたい人間ドックだって病院内旅行と思えば違った角度でエンジョイできるのだ。ヤットコスットコなムロイ流ならばどんな悪天候でも視界不良でも間違いなく楽しめる。電車の隣の席から手作りサンドウイッチを差し出されたらそれはきっとムロイさんだ!

※女性セブン2019年9月19日号

関連記事(外部サイト)