白内障手術経験者、もっと早くやっておけば良かったと感じる

白内障手術経験者、もっと早くやっておけば良かったと感じる

白内障は予防も大切だ

 高齢になればいろいろな機能が低下するが、目ももちろん老化する。代表的なのが白内障だ。50代では半数近く、80代以上ではほぼ100%の人が罹患しているという。

 白内障は発症すると、完治はしない。少しでも発症や進行を遅らせるには、どんなことに気をつけるとよいだろう。眼科専門医で、高齢者の症状にも詳しい平松類さんはこう言う。

「白内障は、目、体の老化やダメージに伴って進みます。原因になるのはまず紫外線。日焼けの肌ダメージからもわかるように、紫外線による目へのダメージも甚大で、右側に陽を浴びる車のドライバーは右目の白内障を発症しやすいという話もあるほど。屋外では季節を問わず、サングラスの使用がおすすめです。

 また普段、何気なくやってしまいますが、目をこするのも意外に大きなダメージです。眼球はとても繊細でやわらかく、少しの刺激や圧迫が白内障を助長するので、かゆい時は冷水タオルなどを当てて冷やすとよいでしょう」

 このほかにも、ステロイド剤の使用や糖尿病、アトピー性皮膚炎、目のけがなども要因。当てはまれば、白内障のリスクも心得ておきたい。

◆唯一の治療法は手術。100才でもできる

 眼科で行われる白内障の治療法は、点眼薬と手術だ。

「点眼薬は進行を遅らせるだけで、改善はできません。多くの人は症状が進行し、生活に支障が出てきてから受診されますが、できるだけ早い段階で白内障を確定し、治療を始めれば、点眼薬で進行を緩やかにできます。それでも進行した場合は、ダメになった水晶体の代わりに人工のレンズを入れる手術を行うことになります」

 白内障の手術は、大まかにこんな手順だ。局所麻酔をして、黒目(角膜)と白目(結膜・強角膜)の間に穴を開けて器具を挿入し、超音波で水晶体を砕きながら吸引。その後に人工の眼内レンズを入れる。手術は15分ほどで、日帰り手術も可能だという。

「手術後の感染症などをきちんと管理できれば、手術自体は比較的リスクの少ない安全なもの。術後のトラブルが起こる可能性も1%以下。実際に100才を超えた人も受けて成功しています。

 怖がる人も多いのですが、麻酔をしているので痛みはなく、メスなどの器具は目の横から入るのでほとんど見えません。やってみると“もっと早くやればよかった”と言う人が圧倒的です」

 平松さんの解説を聞くと、自分なら思い切ってやってみようかという気になる。でも老親にすすめるかというと、躊躇するのが正直なところだ。

「子供さんの不安はよくわかります。“命にかかわるわけではない。目が見えにくい程度で”と思われるのでしょう。でも親御さんにとって何が大切なのか。テレビを見たり、本を読んだり、旅行で美しい景色を見たり。高齢者の楽しみのほとんどに目がかかわっています。手術はもちろん一大事ですが、治療しなければ、大切な人生の時間を“見えないまま”過ごすことにもなる。そんな視点でご本人と話し合ってみてください」

 白内障手術は健康保険が適用になる。基本的な手術は12万円〜(片目)×自己負担割合。最近、登場した遠近両用の多焦点眼内レンズは保険外で30万〜80万円(片目)だが、医療保険の先進医療特約が適用になることが多い。

 高齢者の多くが発症するにもかかわらず、本人も気づかないうちに進行する白内障。定期的なチェックが必要だ。

「高齢になったら年に1回は眼科検診をおすすめします。特に重要なのは眼底検査。白内障をはじめ、視野が欠けて失明に至ることもある緑内障、網膜の中心が障害されて視力が低下する黄斑変性症などの有無も確認できます」

 白内障は40代から徐々に増加。老親だけでなく、働き盛りの子供世代が一緒に検診を受けるのもいいかもしれない。

イラスト/なかやまゆうこ

※女性セブン2019年9月19日号

関連記事(外部サイト)