危険な食品添加物 安全なはずが後から使用禁止となることも

危険な食品添加物 安全なはずが後から使用禁止となることも

健康を脅かす食品添加物は?(イラスト/飛鳥幸子)

 私たちの体は、食べたもので作られている。毎日の料理に使う食材や調味料、スーパーの総菜、コンビニのおにぎりや弁当、菓子や飲料水…口に入れたものはすべて、健康にダイレクトに影響する。何も考えずに危険な加工食品を長年食べ続けていると、アレルギーなどの体の不調をはじめ、うつ病などの精神疾患、生活習慣病やがんにいたる病気まで、あらゆる健康被害のリスクが高まる。

◆「添加物」の中には自然の成分もある

 いずれの添加物も国が安全性を保証しているため、過剰に敬遠する必要はないという考え方もあるが、他国では健康被害が報告され、使用が制限されていたり、日本でも時を経て使用が見直されたりする場合もある。

 私たち消費者は一体、どのように食品を選ぶべきなのだろうか。現在、日本で食品添加物として認められているものは約1500種類あり、その目的は主に6つ。

【1】色を整えおいしさを演出
【2】味を調える
【3】香りを足す
【4】食品を製造や加工するために必要
【5】形や食感を整える
【6】腐敗を防ぎ、品質を保つ

 さらに日本で使用できる食品添加物は以下に分類される。

●指定添加物(463品目)
 食品衛生法第10条に基づき、厚生労働大臣が、安全性と有効性を確認して指定したもの。化学的合成品や天然添加物など製造方法の違いにかかわらない。

●既存添加物(365品目)
 長年使用されていた実績があるものとして厚生労働大臣が認めたもの。1996年の策定当初は489品目だったが、安全性に懸念があるもの、使用実態がないものが削除されている。

●天然香料(約600品目・基原物質)
 食品に香りをつける目的で使用される動植物から得られる香料。バニラ香料、カニ香料などがある。

●一般飲食物添加物(約100品目)
 一般に食品として飲食しており、添加物として使用されるもの。果汁、野菜色素、寒天など。

 豆腐を作るための「にがり」、着色料に使うしその葉やクチナシの実から抽出したエキスなど、もともと自然界に存在する成分も「食品添加物」の中に含まれる。

 さらに、こんにゃくの凝固剤として使用される消石灰(水酸化ナトリウム)、中華麺に用いられる「かんすい」なども、食品添加物だ。

◆排気ガスと同じ発がん性物質が発覚したケースも

 食品添加物は、動物を使った科学的な試験により毒性、発がん性などの有無を食品安全委員会が調べ、安全なもののみが厚生労働省によって使用を認められている。しかし、安全とされていたものが、後に使用禁止となるケースもある。

 食品ジャーナリストの郡司和夫さんが語る。

「有名な話では、清涼飲料水に含まれていた『安息香酸ナトリウム』と、酸化防止剤として使われる合成の『ビタミンC』が化学変化を起こし、排気ガスに含まれる『ベンゼン』と同様の発がん性物質が発生することが2006年にわかりました。以降、その2つを一緒に使うことは世界的に自粛されていますが、その2つの添加物から発がん性物質が発生するとは誰も想像していませんでした」

 加工食品診断士協定代表理事の安部司さんも続ける。

「中華麺などの防カビ剤として今も使われている『プロピレングリコール』という物質は、ある日、突然、使用基準量が設定されました。それくらい、食品添加物の安全性は曖昧なのです」

 さらに、いくら原材料表示をチェックしても、どんな添加物を使っているのか見抜けないケースも数多い。

「『ソルビン酸』などの保存料を嫌がる消費者への“隠れ蓑”として、短期間の保存を目的とした『pH調整剤』などの日持向上剤があります。しかし、メーカーが独自に複数の添加物を調合して作っているため、その内訳はわかりません」(郡司さん)

 いたずらに心配する必要はないが、いつ、危険なものに様変わりするかはわからない――その事実を忘れてはならない。

※女性セブン2019年9月26日・10月3日号

関連記事(外部サイト)