玉井雪雄氏「炎上だらけの今、倫理をテーマに漫画を描く理由」

玉井雪雄氏「炎上だらけの今、倫理をテーマに漫画を描く理由」

漫画家の玉井雪雄氏

 バズれば人気者、炎上すれば人として終わり──今や誰しもが、ネットやSNSのニュースや世論に一喜一憂している。そんな状況にあって話題を呼んでいるのが『エチカの時間』という漫画だ。「倫理」というテーマで現代に一石を投じるのが、漫画家の玉井雪雄氏。玉井氏に話を聞いた。

 * * *
玉井:していいこと、してはいけないこと、したほうがいいこと、するべきじゃないこと、したら怒られること、したらいい人と思われること、したら終っちゃうこと、したらどーにかなっちゃいそうなこと…などが最近ごっちゃになっている気がしていまして。それが、『エチカの時間』を描こうと思ったきっかけです。

 それらは誰が決めるのか?というと日本人の場合、よく言われることですが、その場の空気が決めてしまう。しかもSNSなどが普及したせいで、それが合議制になってしまう。“巨大な村の合議制”でしっかり議論されることなく、世の中の常識や良識が事細かく決まっていく。この事に非常にストレスを感じていたんです。

──現代の世論の作られ方に疑問があった、ということですね。漫画ではSNSの他に現代のキーワード「AI」や「AIの育倫」もテーマになっている。

玉井:これまで『知能って何だろう?』とずっと考えてきたんですが、『AIにおける知能というものの進化や発達には“肉体”が不可欠だ』という記事を読んで、AIが知能を獲得するためには、どの“立ち位置”=肉体から情報を処理するかが必要で、立ち位置を決めるのが、結局、倫理というものなのかなと思いました。それが肉体が不可欠ということかなと。だからAIに倫理というテーマはハマる気がしました。

──『エチカの時間』のタイトルに込められた意味とは?

玉井:「倫理」とか「道徳」というと、どうしても小学校の道徳の時間を思い起こさせてしまい、詰まらなさそうですね。また『モラル』と言っても最近はモラハラとかって、言葉の使われ方が怪しげな感じがして…。そんなとき、倫理哲学というのを調べていたらスピノザの『エチカ』という著作を知って、内容は読んでもなんのことやらさっぱりですが、どうやらエチカ(ethica)はethics(倫理)の語源だということで音感もいいと思ったので。

 また、倫理というのは時代とともに進化して行くものだと思っています。今、AIやインターネットや流通や仕事や家族や子育て……あらゆるものが変わっているのに、実際はなんとなく昭和の倫理観で生きている気がして。(自分だけではなく社会全体ですが)そろそろ次のエチカを考える時間だというのが、“時間”とつけた理由です。

■ネット炎上に流されないために

──作中でも自動運転を扱っています。 また、例えば、米MITが「モラル・マシン」というネット上でのアンケート調査で 自動運転についてのリサーチを行っている。“現代版トロッコ問題”とも言える自動運転とAIについてどう思いますか?

玉井:「トロッコ問題」はつまり、ある人を助けるために他の人を犠牲にすることは許されるか、という思考実験ですが、これをいろいろな問題に置き換えてみるのは楽しいと思います。ですが、「トロッコ問題」は答えのある究極の選択ではないですし、ましてや正解のあるとんちやクイズのレベルで終らせてしまうととてもつまらないことになってしまう。

「この問題の正解ってこうなんだぜ〜」と知ったかぶりをして悦にいってもそれで終わるだけ。あらゆる倫理的哲学の思考実験がそうであるように、「トロッコ問題」も“自分がどういう人間か?”をあぶり出すことができるのが面白いところだと思います。それが、SNSでの炎上や“村の合議”に流されない自分の考え方をもつ力にもなるのではないでしょうか。

 それを前提に考えた上で自動運転のことを考えると、AIを使おうが魔法を使おうが、運転の責任はドライバーにあると思います。

──正解のない究極の選択に挑み、自分自身をあぶり出す。マイケル・サンデル・ハーバード大教授の “白熱教室”が話題となりました。 そこでテーマになっていた「正義」についてどう思いますか?

玉井:倫理と正義はまったくの別物です。“正義”という語の元々の語源は”復讐”という意味だそうです。だから正義というのは立場の数だけ存在するものだと思います。ですので、ことさら“正義”という言葉で人を動かそうとしたり、行動の理由にしている人の話は眉に唾つけて聞かなければならないと思います。引きのある言葉ですし、作中でも扱ってみたいテーマですが、慎重に考えないと。

──現在、漫画や小説、その他いろいろな分野で AIの開発・研究が行われていますが、特に注目しているものは?

玉井:一番は医療の世界だと思います。職業倫理の世界でも最も難しく、かつ身近なのは医療でしょう。

──どういった人にこの作品を読んでほしい?

玉井:令和を生きる若者、ですね。

 * * *
「エチカの時間」公式ツイッターでは現在、作中キャラの次世代AI七太郎からの選択問題として「もしあなたの目の前で、巨大鉄球が落下したら!?」と題し、読者の意見を募集している。集まった意見によって漫画のストーリーが変わる可能性もあるという。

【PROFILE】
玉井雪雄(たまい・ゆきお)/1970年兵庫県生まれ。現在ビッグコミックスペリオール誌にて『エチカの時間』を連載中。ほかの代表作に『OMEGA TRIBE』『かもめ☆チャンス』など。作品の公式ツイッターは@ethica_superior、玉井氏個人のツイッターは@SNOWBRND

関連記事(外部サイト)