令和初の新米「特A」8ブランド、五ツ星お米マイスターが厳選

令和初の新米「特A」8ブランド、五ツ星お米マイスターが厳選

続々、新銘柄が登場

 令和の時代になって新米市場を活気づけているのは、品種改良によって旨さや食感を追求した「新ブランド」だ。“お米の博士号”と言われる「五ツ星お米マイスター」の資格を持つ「玄米耕房 亀太商店」代表の市野澤利明氏が解説する。

「時代の変わり目ということで『平成最後』や『令和初』というタイミングに合わせて、全国各地で新たな品種が生産されています。味に力を入れた銘柄が本格的に流通に乗ってきているのです」

 とはいえ、数多くあるブランドの中から自分好みの味を探し出すのは難しい。そこで、日本穀物検定協会が「特A」にランク付けした銘柄の中から、2人の五ツ星お米マイスターに8銘柄を厳選してもらった。

 近年デビューした銘柄の特徴として多いのが、「甘み」や「もっちり感」に特化したブランドだ。市野澤氏が選んだのは、今年から本格的に流通がスタートする「富富富(ふふふ)」(富山)だ。

「甘みが強く、噛むほどにもっちりとした食感が楽しめる。濃い味付けにも負けないので洋食に合います。昨年は流通量が少なく、販売店への玄米での供給もありませんでしたが、今年から市場に出始めます」

 2018年にデビューした「雪若丸」(山形)も注目の品種だ。五ツ星お米マイスターの米専門店「スズノブ」代表の西島豊造氏はこう話す。

「栽培量が増え、今年から本格的に流通する品種です。8年連続で特Aに選ばれている『つや姫』の“弟分”的なブランドで、しっかりとした粒立ちに加えて弾力がある。カレーやチャーハン、丼ものなどに使うと個性が引き立ちます」

 昨年になって本格的に販売が始まった「だて正夢」(宮城)も評判が高い。

「『雪若丸』よりもさらにもちもちしていて、冷めても甘みや粘りが持続します。おにぎりにしても、温かいご飯のままでも美味しくいただけます」(市野澤氏)

 2017年登場の「新之助」(新潟)もおにぎりに適したお米だという。

「粘りが強いうえに粒が大きくて固めのお米なので、おにぎりにピッタリ。リピーターが多く、固めのお米のなかでは高級路線の印象です」(西島氏)

 シニア世代には馴染み深い「コシヒカリ」の“後継米”として生まれたのが、昨年デビューした「いちほまれ」(福井)だ。

「新潟県魚沼産のイメージが強いコシヒカリですが、発祥は福井県です。その福井で約6年をかけて改良され“ポスト・コシヒカリ”として生まれたのがこのお米です。噛むと弾力が感じられ、粘りや甘みも強い。コシヒカリの特徴をさらに強くした点も特徴です」(西島氏)

◆「ササニシキ」のような優しい味

 近年の傾向として、「もっちり」とした食感のブランドがファミリー層を中心に人気を集めているというが、「あっさり」「さっぱり」とした食感の銘柄のお米も“大人の舌”を持つシニア世代に支持されている。昨年から販売を開始した「よさ恋美人」(高知)はその代表格だ。

「14年かけて開発され、昨年には新嘗祭に献上される新穀にも選ばれました。ササニシキのような優しい味が好みの人におすすめです」(市野澤氏)

 同じく“あっさり派”に人気なのが「五百川(ごひゃくがわ)」(山梨)だ。

「生育期間が3か月と他の品種に比べて短期間であるため、夏期においしい新米を食べることができます」(市野澤氏)

 デビューから5年目を迎える「青天の霹靂」(青森)も、令和でのブレイクを予感させるという。

「年数を経るごとに確実に評価を上げてきている。以前は味が薄い、物足りないという評価があったのですが、ここ数年の改良でリピーターが増えています。青森県がテレビCMで『さっぱり』をアピールしたことで認知度が上がりました」(西島氏)

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

関連記事(外部サイト)