生活習慣病の薬を飲み続けると上がる「がんリスク」の恐怖

生活習慣病の薬を飲み続けると「がんリスク」増大の危険性 糖尿病治療薬や降圧剤

記事まとめ

  • 生活習慣病の治療を服用し続けると、「がん」のリスクが増大する危険性があるという
  • カナダの研究チームがACE阻害薬を5年以上服用し続けると肺がんリスクが高まると報告も
  • 糖尿病治療薬のピオグリタゾンの使用が膀胱がんのリスクを高めることも報告されている

生活習慣病の薬を飲み続けると上がる「がんリスク」の恐怖

生活習慣病の薬を飲み続けると上がる「がんリスク」の恐怖

薬を飲み続けるとガンになる?

 糖尿病や高血圧など、生活習慣病の治療のためにを服用している高齢者は多い。ところが、これらの薬を服用し続けると、「がん」のリスクが増大する危険性がある。

 2018年には、カナダの研究チームにより、血圧の上昇を抑える降圧剤のうち、「ACE阻害薬」を5年以上服用し続けると肺がんのリスクが高まることが報告された。そのリスクは服用期間が長くなるほど顕著に高まったという。

 降圧剤だけではない。2016年には、糖尿病治療薬のうち、「ピオグリタゾン」の使用が膀胱がんのリスクを高めることがカナダの研究チームにより報告されている。ACE阻害薬同様、使用期間や量が増えるほど、膀胱がんのリスクが増すという。

 さらに、2010年には加齢とともに骨が弱くなる骨粗鬆症の予防・治療に用いられる「経口ビスホスホネート製剤」に、食道がんのリスクを高める副作用があることも報告された。英オックスフォード大らの研究グループは、同薬の「10回以上の処方または5年以上の処方により食道がんリスクが増加する」と結論づけた。秋津医院院長の秋津壽男医師が語る。

「一番避けたいのは、薬の副作用を知って勝手に服用をやめてしまうこと。糖尿病薬の場合、悪化して失明するケースも考えられます。自分で判断する前に、まずは医師と相談してほしい」

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事(外部サイト)