大國魂神社に競馬博物館 歴史と非日常が交錯する「府中」

大國魂神社に競馬博物館 歴史と非日常が交錯する「府中」

開放感溢れる東京競馬場

 秋競馬に出掛けるなら、新宿駅から京王線特急で調布駅まで14分、各駅停車に乗り換えて東府中駅で競馬場線に乗り換えて着く府中競馬正門前駅はおなじみだろう。新宿駅から京王線特急で20分の府中駅も含めた駅周辺には、歴史と非日常の開放感が交錯する各種レジャースポットが点在する街だ。

 律令時代に武蔵国の国府が置かれていたことが地名「府中」の由来。国府跡や古墳などの史跡が多く残り、府中駅南側の馬場大門のケヤキ並木は、源頼義・義家父子が戦勝祈願御礼として寄進したことに始まると伝えられる。

 一方、東京競馬場や多摩川競艇場などのレジャー施設を擁する街としての魅力も併せ持つ。また、2つのラグビーチームが拠点を置く「ラグビーのまち」だ。府中の見所を紹介しよう。

◆東京競馬場 東京都府中市日吉町1-1
 直線が長く開放的な馬場とヨーロッパの街並みを思わせるきれいな施設は、家族連れや女性にも大人気。フードコートも充実していて、1日ゆっくり楽しめる。ファン向けにバックヤードツアー(要事前予約)など随時イベントを開催。
・営業時間:開催日は9時〜17時、平日10時〜16時
・定休日:月・火・祝ほか
・入場料:一般200円(競馬開催時、15歳未満無料)

◆トーキョーカフェ&ベーカリー

 東京競馬場グルメを代表するショップのひとつ。焼きたてパンを提供。大穴ドーナツ、本命ドーナツ(写真・360円)など楽しいメニューも。

◆戸松

 40年以上、東京競馬場で営業を続ける老舗の軽食&ドリンク売店。大きな鳥もも唐揚げ(360円)は競馬場名物。店頭の日本酒自動販売機のお世話になった人も多いだろう。

◆大國魂神社 東京都府中市宮町3-1

 府中駅からケヤキ並木を歩くこと5分、武蔵国の総社として堂々たる佇まいを見せる。1900年前の創建以来、縁結び、安産、厄除け・厄払いのご利益で知られ、遠方からの参拝客も多い。ゴールデンウィークに開催される「くらやみ祭」は1000年以上の歴史があり、80万人近くの人で賑わう。この祭を舞台にした映画『くらやみ祭の小川さん』が、10月25日よりTOHOシネマズ府中を皮切りに順次全国公開予定。

◆JRA競馬博物館

 競馬場内にあり、年間10万人以上が来館。充実した展示室のほか、臨場感あふれる映像を体感できるライヴシアターなども。

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事(外部サイト)