有名大学の鉄道研究会が集結 「てっけんサミット」が熱い

有名大学の鉄道研究会が集結 「てっけんサミット」が熱い

「てっけんサミット」で展示された立命館大学の鉄道模型ジオラマ。貨物駅を再現している(筆者撮影)

 年に一度、全国の大学の鉄道研究会が集結する交流イベントがある。その名も「てっけんサミット」。一部公開のイベントで、大学外部からも鉄道好きの老若男女が詰めかけるという。9月に開催された「てっけんサミット2019」の様子を、早稲田大学鉄道研究会がリポートする。

 * * *
 去る9月6日と7日、京都市の立命館大学衣笠キャンパスにて、「てっけんサミット」が開催され、早稲田大学鉄道研究会(以下「当会」)をはじめ多くの大学の鉄道研究会が参加した。

 一口に「鉄道研究会」と言っても、普段の活動内容は読者の皆様にはなかなか伝わらないだろう。そもそも、鉄道趣味の世界自体、「撮り鉄」「模型鉄」「乗り鉄」等々さまざまな「○○鉄」がある通り大変幅広く、簡単に説明することは、鉄道研究会の一員たる筆者でも難しい。

 てっけんサミットとは、全国の大学の鉄道研究会を対象とした交流イベントで、一部公開もされるため、その活動内容を広く知ってもらう機会でもある。てっけんサミット実行委員会のホームページによれば、てっけんサミットは2009年から開催され、毎年全国の大学の鉄道研究会が持ち回りで主催を務める。開催地は年によって変わり、昨年は新潟大学が主催した。

 2日間の日程のうち、初日は外部に公開しない「クローズドデー」、2日目は外部に公開する「オープンデー」という位置づけとなる。両日とも、各参加校の特色が強く出た展示や発表が行われる。

◆「クローズドデー」で親交を深める

 初日の「クローズドデー」では、「団体紹介」「クイズ大会」「アイスブレイク」が行われた。

「団体紹介」では、参加団体がスライドで自団体の紹介を行う。内容は様々だが、大学の紹介や団体の活動内容の報告が主である。団体によっては、大学の近くを走る路線の車両や、団体の運営体系を取り上げるところもあった。

「クイズ大会」では、主催者側の色が濃く出た問題が出題される。今回は関西で開催されたこともあり、関西の鉄道にまつわる問題が出題された。中にはかなりハイレベルな問題も含まれており、クイズに答えつつそれまで知り得なかったことを学ぶ良い機会になった。

「アイスブレイク」では、参加者が様々な鉄道趣味における「守備範囲」ごとに集まり、自己紹介や自分のテリトリーについての話でおおいに盛り上がった。鉄道研究会の交流イベントというてっけんサミットの性格上、内容としてはこちらが重要なものになったのではないだろうか。

 鉄道趣味は、個人や小さな集団内で完結してしまうことが多いものである。「クローズドデー」で行われる3つの催しを通して、各々が属するコミュニティーの垣根を越え、参加者同士の親交を深められただけではなく、各個人の知見をさらに深めることができた。

◆特徴的な展示が目を引く「オープンデー」

 2日目の「オープンデー」では、外部への公開を前提に、各団体が展示を行う。イメージとしては、大学の学園祭における鉄道研究会の展示の様子とほぼ同じであろう。

 展示の内容は、各校さまざまであった。Nゲージのジオラマが広く展開されているところもあれば、プラレールのタワーが目を引く展示もあった。以下、特徴的な展示をいくつか紹介していく。

 地元関西の大学で、今回の主催校であった立命館大学の展示は、細部の作りこみが光るジオラマが印象的だった。山間部を再現したモジュールと貨物ターミナルを再現したモジュールが目を引き、中でも後者は、貨物ターミナルの荷役設備を再現するなど、担当者の守備範囲がよく表れていた。同じく地元の大学である関西大学は、阪急電鉄で実際に使われていた電車の方向幕や、JR北海道のご当地入場券等、鉄道研究会の会員が好きなものが並んでいた。

 中部地方の大学も、教室での展示企画を出していた。名城大学は、側線や車庫等まで作りこんだ鉄道模型のジオラマや、プラレールタワーが目立つプラレールのレイアウトが出展されていた。プラレールのレイアウトは、ターミナル駅を模していたり、ギミック付きのアイテムが織り込まれていたりと、各所に「魅せる工夫」がなされていた。中部大学の教室で目立っていたのは、反転フラップ式の種別や行先の案内表示器である。こちらは名古屋鉄道にて実際に使われていたものであるという。

 関東地方からも、当会はじめいくつかの大学が教室企画を出展していた。当会はプラレールのレイアウトや鉄道模型、写真や乗車券類の展示、また会誌の販売を行った。プラレールのレイアウトでは、会員が作成した「ホームドア」の実演展示を行ったほか、鉄道模型の展示では、会員が自作した戦前の木造電車やラッピング電車の模型等を展示した。その他、明治大学はJR東日本の「ポケモンスタンプラリー」等の展示を、首都大学東京は鉄道模型ジオラマに開催地ゆかりの関西の車両を走らせ、筑波大学は会誌等の販売を行っていた。

 関東勢で特に目を引く展示をしていたのは、芝浦工業大学(以下、芝浦工大)である。芝浦工大は、学園祭にて運用する、鉄道模型ジオラマでの模型運転体験の「整理券発券システム」を展示していた。もとは手作業で予約を処理し、整理券を発券していたが、来場者数が増加するにつれ、処理が追い付かなくなってしまったという。また、学園祭では鉄道研究会の会場に子供を置いて行ってしまう保護者が少なくなく、会場の整理も課題になっていたとのことだ。

 そこで芝浦工大は、交通系ICカードを使った管理システムを開発した。ICカードを用いて手続きをし、順番が来たらTwitterや教室内の自動放送にて呼び出されるシステムになっている。これにより、手作業だった運転体験の予約管理が自動化され、運営における労力の削減が図られた。また、小さな子供の保護者のICカードを使わせることにより、保護者を会場にとどまらせて、子供が会場内に野放しになる状況を解消させることにも成功したという。

 以上の団体は毎年参加している団体であるが、今年は初参加ながらハイレベルな展示を行った団体があった。富山県の富山大学(以下、富山大)である。富山大は、地元富山の鉄道の写真や映像、またかつて富山県内を走っていた急行「ゆのくに」「立山」の編成を再現した模型など、地元愛が色濃く出た展示を楽しめた。

「オープンデー」の展示では、各団体の構成員の守備範囲を垣間見ることができた。展示から話が弾むこともあり、また学ぶことも多々あった。 

◆オープンデーの目玉企画「てっけん大学」

「オープンデー」に行われるのは各団体の展示企画だけではない。「てっけん大学」という、講義形式の企画がある。

「てっけん大学」は、参加大学の中から登壇者を募り、それぞれに「守備範囲」とする分野についての「講義」を行わせるというものである。今年は4名の登壇者がいた。

 当会からも、台車を守備範囲とする会員が登壇し、「日本のブリル台車」についての講義を行った。ちなみに「ブリル台車」とは、19世紀後半から第二次世界大戦中までアメリカに存在した台車メーカー「ブリル社」により製造された台車のことである。

 展示企画だけでは伝わってこない、各団体の構成員の守備範囲やその深さを知ることができるのが、「てっけん大学」である。筆者自身、「ブリル台車」の名前は聞いたことがあったが、それが何たるものかということまでは知らなかった。

 各大学の鉄道研究会同士の交流行事としての「てっけんサミット」は、今後も続いていくであろう。全国各地から鉄道研究会が集まる数少ないイベントであるため、「てっけんサミット」でしか会うことのない団体やその構成員も決して少なくない。

 互いに共通の趣味を持ちつつ、その中で違うものを守備範囲とする全国の鉄道研究会員たち。離れた地域で暮らす彼らが集まり、持ちうる知識を交換し合い、知見を深めていく。てっけんサミットの存在意義は、そこにあるのではないだろうか。

●取材・文/早稲田大学鉄道研究会 広報担当
●取材協力/関西学生鉄道研究会連盟(監修)、てっけんサミット実行委員会、立命館大学鉄道研究会、関西大学鉄道研究会、名城大学鉄道研究会、中部大学鉄道研究会、明治大学鉄道研究会、首都大学東京鉄道研究会、筑波大学鉄道研究会「旅と鉄道の会」、富山大学鉄道研究会、芝浦工業大学鉄道研究会)

関連記事(外部サイト)