病を乗り越えて死生観が変わった毒蝮三太夫氏ら有名人

病を乗り越えて死生観が変わった毒蝮三太夫氏ら有名人

毒舌でおなじみの毒蝮も大病を患った

 日本は有数の長寿国だが、高齢になれば病に侵される確率も高くなる。2018年2月から50回にわたって続いた『週刊ポスト』のグラビア連載「寿影」に登場した著名人の中にも、病の発症で死と直面した人も少なくない。「寿影」とは、写真家・渡辺達生氏が、晩年にこれまでの人生を祝う意味を込め、葬儀で使用する「遺影」を「寿影」と置き換えて始まったプロジェクト。撮影ではカメラの前で、思い出の品とともに「理想の死に方」についても語ってもらっていた。

 毒舌トークでお馴染みの毒蝮三太夫氏(83)は、70歳のとき腸閉塞と大腸がんを併発。夜中、耐えられない痛さで病院に行くと、その病院では、“手に負えない、手遅れだ”と言われ、別の病院に緊急搬送。7〜8時間の大手術で、41日間入院した。

「俺、30センチくらい割腹したの。幸い転移はなく、今は以前にも増して元気だけど、健康診断を欠かさないなど、体のケアは大事だと悟ったね」

 今は定期的に病院にも通い、医療費や人の世話にならない人生を歩むため、ジムで足腰を鍛えている。

「一度拾った命、格好いいジジイになろうと思っているよ。目指せ、日本のジョージ・クルーニーだな(笑い)」

 死に方は自然な老衰を望む。

「いろんなところが傷んできて、苦しまずに電気が切れるようにポッと消えるのが理想。歳を考えれば確実に死は近づいているわけだから、明日ぽっくりでも不思議はないと思っているよ」

 2年前、同じく大腸がんが発覚したシンガーの小坂忠氏(71)は、ステージ4の診断から除去手術を経て、奇跡的な復活を遂げた。

「がんは肺に転移して残っている。医者が言うには、僕がネガティブになるとがんが強くなると。だから負けられない。毎日が戦いなんだ。でもね、僕は病気になってよかったと思うことがある。それは人生の終わりを意識することができたこと。今後どう生きるか、じっくり考えるきっかけになったからね」

 結論は、生涯シンガー。牧師である小坂氏はゴスペルシンガーとしても活動するが、歌で人々を励ますことを自身に課したのだ。

「僕の終活はリハビリを兼ねて、命の限り歌うこと。元気に歌う姿が、同じ病気の人たちの励みにもなっているようで、そんな人たちの希望になれたらうれしい」

 今も精力的にライブ活動を行なうが、病気の体験を笑い交じりでトークするなどポジティブそのもの。そして、葬式に歌ってほしいという自作の曲も披露する。

「その日が来たら、みんなで歌って賑やかに送ってほしい」

◆玉村豊男、吉村作治、両氏は?

 エッセイスト、画家、ワイナリーオーナーなど、多くの顔を持つ玉村豊男氏(73)は、「今は病巣を飼い慣らしながら生きている」と語る。

 41歳で原因不明の大量吐血をし、そのときの輸血が原因で慢性肝炎を患い、肝炎治癒の後は肝がんに。30年以上、ずっと死を意識しながら生きてきた中で辿り着いた心のうちは、日々の暮らしの大切さだという。

「一日を生きるということは、一日を暮らすこと。朝、目が覚めたら犬と散歩に行き、些事を片づける。食事を作り、夜にはワインを飲みながら馬鹿話をして眠る。死ぬまでそんな変わらない日常が過ごせれば、最高に幸せですよ」

 毎年書くといいながら手をつけなかった遺言も、ようやく2年前に夫婦ともども遺した。

「遺骨は粉骨してぶどう畑に撒いてもらうことにした。特別なヴィンテージワインができそうでしょう。“玉村豊男粉骨砕身畑”で作ったワインの味は格別だよ」と豪快に笑う。

 そして、「死の瞬間がどのような形で訪れるかはわからないが、いつその瞬間が訪れてもいいように、少しずつ心の準備はしておこうと思っています」

 エジプト考古学者の吉村作治氏(76)は、70歳過ぎから転倒で怪我や病魔に侵されるなど、この6年間でさまざまな不調が体を襲った。

 それでも半世紀にわたって大変な思いをしながらピラミッドを調査・研究してきたことや、エジプトが「死」と深いところでつながっていることを考えるうちに、いつも気を取り直して前向きになれたという。

「体も脳も衰えているのに、好奇心はまだまだ旺盛。子供っぽいのかね」と笑いながら、持論である「ピラミッドは王墓ではない」の解明に今後も挑む。そして、そのための費用捻出にと生前葬も検討しているとか。

「生きているうちなら、香典を多く包んでもらえると思ってね。うんと集めて、調査に使いますよ」

 自身の墓は既にエジプトに土地だけ購入しているという。だが、亡骸をエジプトに納めるかはまだ決めていない。

「お墓はあの世とこの世をつなぐ大切な場所。疎かにしてはいけません。日本人も昔からお墓を大切にして、先祖を敬ってきたけれど、昨今はそれも希薄になっている。きちんとお墓を建てて、先祖を敬う社会に戻さないとダメですよ」

 想定する死期は年々延びているが、今のところ勝手に89歳と決めている。それまでには発掘調査の集大成をして、墓もきちんと決めたいと語った。

●取材・文/下川良子(スペース・リーブ)

■渡辺達生作品展『寿影』
・10月4日(金)〜17日(木)11時〜19時
・ソニーイメージングギャラリー銀座:東京都中央区銀座5-8-1 銀座プレイス6階

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

関連記事(外部サイト)