「猫あるある」を憎らしくも愛らしく描いた作者の思い

「猫あるある」を憎らしくも愛らしく描いた作者の思い

「そこで研がないで」(イラスト/上田惣子)

 ベストセラー『自営業の老後』の作者でイラストレーターの上田惣子さん(55才)が、4匹の飼い猫に振り回される日々をコミカルに綴った『うちのネコ「やらかし図鑑」』が話題を呼んでいる。猫好きの間から「猫の“あるある”をよくもここまで憎らしくも愛らしく描いてくれた」との声が上がっているのだ。

「全国の猫の飼い主たちに『いろいろやらかされるけど愛おしいよね』と共感してもらえればうれしい」

 こう本への思いを話す上田さん。猫とは長いつきあいで、今年で30年目になるとか。

「これまで猫のイラストを描くことはあっても、猫との日々を描くのは今回が初めて。猫のやらかしネタを行動ごとに図鑑風にまとめようという話になって、どんなネタがあるかな〜と思い出してみたら、芋づる式にどんどんネタが出てきました。しかも、飼っていると次々と事件が新しく起こるので、ネタには全く困らない(笑い)」

 本にも描き切れなかったネタも多数あるという。

「飼い猫の中で、お客様が来たら唯一顔を出してくれる『ポコ』がやらかした事件です。ポコはうちの“広報猫”なので、お客様がいらした時に顔を出してくれるのはうれしいんですが…。

 ある日、夫のお客様がいらした時に、そのかたの革ジャンにあろうことかおしっこを引っ掛けたんです! それも、去勢前独特のキッツいにおいのおしっこを!」

 これは「スプレー行為」と呼ばれるマーキング。去勢前の猫によくある行為で、自分の縄張りであることを示すためににおい付けをするのだ。

「そのにおいたるや、卒倒するほど。実際、革ジャンの持ち主は気絶しそうになっていて、こちらも土下座。最高級のクリーニングをしてお返ししました」

 このほか、上田さん自身もソファの上に置いておいた革のカバンにおしっこをかけられたり、お客さんの靴の中に吐しゃ物をされたりと、汚され被害は枚挙にいとまがないと苦笑する。

「“出しもの”以外のネタでは、部屋の角にある壁に頬をこすりつけてにおいをつけ続け、ついには壁紙が剥がれたり…。電化製品にせよソファやクッションなどの布製品にせよ、ほとんどが猫たちによって破壊され、原状をとどめていません」

 要するに、家中のモノが、猫によって盛大に被害を受けているわけだ。

「まさに、ごくつぶしですよ」と明るく笑う上田さん。この本を読み、「うちもやられた〜」と共感の声を寄せる飼い主が多い一方、猫を飼ったことのない人には、「ここまでされるの!?」と衝撃が走る。

「今でこそ慣れましたが、私も飼い始めた頃は絶望してばかりでした。何時間もかけて仕上げた手描きのイラストにコーヒーをこぼされた時など、怒りで頭がおかしくなるかと思いました。 

 でも5年10年と経ち、日々やらかされるうちに、汚されて困るものは極力買わなくなり、買っても戸棚の中に隠しておくなど自衛するように。まあしょうがないか、と思えるようになったんです。

 そして今では、やらかされる日常が普通になり、そんな猫がいることで妙に落ち着いている自分がいます。“いたずらっぷりがお茶目でかわいい”なんて思えるほど心は広くないですが、愛がなければこの生活は続いてないでしょうね」

 と、それでも猫が好きと話す上田さん。単行本を上梓後、4匹のうちの1匹が老衰で他界した。革ジャンにおしっこを引っ掛けたポコである。

「大事に思っていた猫だったので、心にぽっかり穴が空いたように寂しい。生後1年の頃から17年間うちにいて、仕事中も寝る時もずっと一緒でしたから。友達に逝かれたような喪失感ですね。

 今後、もう1匹飼うかと言われれば、どうでしょう。私ももう50代半ばなので、猫の寿命を考えるとお世話を全うできるか心配で。でも飼ったら楽しいでしょうね。猫は、触れば温かく気持ちよくて癒されますし、見ていれば面白くて飽きないですから」

 やらかされた数が、より愛おしさを醸成するのかも。

※女性セブン2019年10月31日号

関連記事(外部サイト)