最新検診事情 服を着たままでOK、痛くない乳がん検診も

最新検診事情 服を着たままでOK、痛くない乳がん検診も

無痛MRI乳がん検診の「ドゥイブス・サーチ」の受診イメージ

 今年7月に発表された厚生労働省「簡易生命表」によると、2018年の日本人女性の平均寿命は87.32才。6年連続で過去最高を更新した。

 世界保健機関(WHO)「世界保健統計」では、世界の女性の平均寿命は74.2才と発表され、日本人女性は世界一の長寿であるとわかった。

 しかし、この結果によって、私たちが世界で最も健康だと証明されたとは言い難い。乳がんや大腸がんなどは、欧米諸国では死亡率が下がっている一方、日本では上昇。現在、先進国でがん患者が増加しているのは日本だけだといわれている。

 もちろん、長生きするほどがん罹患率が上昇することも大きな要因ではあるが、医療関係者の間で問題視されているのが日本人の「検診率の低さ」だ。

 検診へ行かない日本人は病気の早期発見の遅れが指摘されており、女性のがんで最も患者数の多い乳がん検診では、米国で約80%、先進国全体の平均が約61%と高い検診率であるのに対し、日本は約41%と大きく下回る。

 国内最大級の人間ドック・健診予約サイト「マーソ」の調査によると、2015年9月に元プロレスラーの北斗晶(52才)が乳がんの摘出手術を行ったという報道があった際には、同年10月の検査予約が7月と比較して2倍以上に増加した。しかし、12月になると7月を下回るほど減少し、日本人の検診に対する意識が「一過性」であると明らかになった。

 医療経済ジャーナリストの室井一辰さんはこう指摘する。

「病気の症状がある時に受けるのが『検査』、症状はないが予防のために受けるのが『検診』です。勤め先などで求められなければ、体に異常もなく、痛い思いをして検診を受けようとする日本人は珍しい。

 しかし検診率の高い外国人が、日本人と比べ痛みに強いわけではありません。研究によると、外国でも“検診は痛い”という考え方は一般的ですが、体格の差などもあり、検診が『痛い』という印象を持つ人が日本人には多い可能性もあります」

 検診は定期的に、繰り返し受けなければ意味がない。現代医療では、痛みや負担を軽減するための技術改良は無視できない課題になっている。医療ジャーナリストの増田美加さんが語る。

「各社が工夫して、痛くない機器を開発しています。しかし、旧来の機器を使っている病院もある。痛みを避けたい人は、どんな機器が使われているのかを事前に確認しておくといいでしょう」

 どこでもいいと選んだ病院で痛みに耐え、「もう二度と受けない」と決めつけるのはあまりに早計。「来年も受けたい」と前向きになれる最新の技術を紹介したい。

◆服を着たままできる乳がん検診が

 日本人女性の11人に1人が患い、2016年以降、死亡者が1万4000人を超えた乳がんだが、早期発見すれば9割が助かるといわれている。

 それにもかかわらず検診率が低いのは、欧米人に比べて乳房が小さい日本人は、乳房を片方ずつ圧迫板に挟むマンモグラフィー検診で痛みを感じやすいからだろう。マンモグラフィーでの検診時に、「小さくてすみません」と恥ずかしがる患者もいるという。

「アンケートを行うと、『痛い』だけでなく、『見られる』ことも検診を避けている原因だとわかりました」

 そう話すのは、無痛MRI乳がん検診の「ドゥイブス・サーチ」の考案者である東海大学教授で放射線医の高原太郎さんだ。

 最新のMRI技術を用いた同検査では、10〜15分、乳房型にくり抜かれたベッドにうつ伏せに寝るだけで断層画像の撮影が完了する。

「痛みがないのはもちろん、服も着たままで構いません。マンモグラフィーでは、乳腺が多い『高濃度乳房』の人において診断能が半減すると指摘されていますが、その心配もありません。さらに、マンモグラフィー不可となる乳房インプラントやヒアルロン酸注入などをしている場合でも、支障なく検査を受けられます」(高原さん・以下同)

 現在、マンモグラフィーは乳腺が発達している40才未満の人の受診は推奨されていない。また、MRI検査なら放射線を使用しないことも安心だ。さらに、「ドゥイブス・サーチ」では、従来の「造影MRI」で欠かせない造影剤の注射も必要ない。

「造影剤とは、重金属の一種であるガドリニウムのこと。体内から完全に排出されず、沈着することが最近明らかになり、アレルギーの問題に加え、健康な体へ繰り返し投与することを懸念する声もあります」

 肝心の乳がんの発見率、陽性的中率はマンモグラフィーをはるかに上回り、造影MRIとほぼ等しいと報告されている。

 現在、全国17か所の病院に導入されており、2000人以上が受けているという。1回の検診料が2万〜3万円と高額になってしまうが、「一度、自分の体を知ってほしい」と高原さんは語る。

「乳がんの定期検診を受ける理想の期間は人によって違います。半年に1度、受けた方がいい人もいれば、数年ごとでも構わないほど異常がない人もいる。自分の体の状態がわかれば、その後の検診をどうしていくべきか判断することにつながります」

 今後の「選択肢」を定める手段として、受診する価値は充分あるだろう。

※女性セブン2019年10月31日号

関連記事(外部サイト)