四国の「ご飯のおとも」 土佐の赤かつお、宇和島鯛めしなど

四国の「ご飯のおとも」 土佐の赤かつお、宇和島鯛めしなど

香川の「しょうゆ豆」詰め合わせ

 炊き立ての新米と相性抜群の“ご飯のおとも”。ついつい、おかわりしたくなる四国地方のご当地絶品おかずを紹介しよう。(価格は取材時点)

【香川】
「しょうゆ豆」詰め合わせ(大西食品)/918円(170g×3)

 讃岐地方の郷土料理「しょうゆ豆」は、香ばしく煎ったそら豆を醤油・砂糖などで作ったタレに漬け込んで味付けしたもの。煮豆ではないのでほどよい歯応えが残り、その甘辛さがクセになる。

・大西食品/香川県丸亀市土器町北2-78

【徳島】
「ちりめん化粧箱入」(和田島漁業協同組合)/1900円(400g)

 和田島は全国的に有名なシラスの産地。漁獲後、すぐに釜揚げして乾燥させたちりめんは塩分控えめで、口に入れると魚の甘味が広がる。徳島名産のスダチを少し搾って食べるのもおすすめ。

・和田島漁業協同組合/徳島県小松島市和田島町字西浜手10-33

【高知】
「土佐の赤かつお セット」(上町池澤本店)/3900円(3種×2)

 150余年の歴史を誇る魚屋が作った、食べる調味料。門外不出の秘伝ダレで鰹を甘辛く煮込み、丁寧にほぐしてからピリ辛オイルに漬け込んだ。「にんにく」「青さのり」「ゆず」味の3種類が揃う。

・上町池澤本店/高知県高知市上町4-3-11

【愛媛】
「宇和島鯛めしの素 セット」(かどや)/3000円(160g×3)

 宇和島の郷土料理「鯛めし」は、いわば究極の卵かけご飯。船上の漁師がお椀に盛ったご飯の上に鯛の刺身をのせて食べたのが始まりとされる。「かどや」の商品は、真鯛の切り身に、醤油・みりん・出汁などで作った特製のタレ、海藻、薬味がセットになっている。タレに生卵と白ゴマを入れて混ぜたら、切り身と海藻に薬味を加えてタレと絡ませ、ホカホカご飯にのせて味わおう。

・かどや/愛媛県宇和島市弁天町1-5-6

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

関連記事(外部サイト)