医者の余命宣告が悲劇を生むケースがあり、患者が肉親と断絶、遺族が病院提訴も

記事まとめ

  • 医者が患者に告げる「余命」は生存期間中央値が大半 悲劇を生むケースも
  • 余命宣告を受け、親族に数千万円相当の資産を譲渡したが20年以上経過し寛解した
  • また、余命宣告のショックから意識障害に陥り、遺族が大学病院を提訴した例も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております