林真理子、作家へと導いた『風と共に去りぬ』を一人称で超訳

林真理子、作家へと導いた『風と共に去りぬ』を一人称で超訳

『風と共に去りぬ』を現代に甦らせた最新長編を上梓した林さん(撮影/浅野剛)

【著者に訊け】林真理子さん/『私はスカーレット I』/小学館文庫/600円+税

【本の内容】
 ヴィヴィアン・リー主演で映画化(1939年)され、作品賞をはじめアカデミー賞10部門を受賞するなど世界的大ヒットを記録した名作『風と共に去りぬ』。南北戦争時代のアメリカを舞台に、個性的な美貌と激しい気性を持つ主人公スカーレットの波乱にとんだ半生を描いたマーガレット・ミッチェルの長編小説を、林真理子さんが大胆に超釈。第1巻では、その美貌で青年たちの愛を一心に集めていた16歳のスカーレットが、アシュレとの恋に破れ、その当てつけに、結婚相手メラニーの兄チャールズと結婚するが…。来年春には第2巻が発売予定。

 中学2年の時に初めて読んだ『風と共に去りぬ』は、林さんにとっての「魔法の薬」、世界を変える一冊だった。

「今にきっと美人になって、スカーレットみたいなドレスを着て、レット・バトラーのような男性と激しい恋をするんだと、こんなド田舎の中学生であることを悲しみながら、本気で思ったんですよ」

 30年以上前、アメリカ国務省のプログラムで招かれた時も、小説の舞台であるアトランタを迷わず滞在地に選んだという。

 5年ほど前、『風と共に去りぬ』の新訳を依頼された時は、そのまま訳すのではなく、三人称で客観的に書かれた物語を、〈私はいわゆる美人、というのではないかも〉というスカーレットの視点で、大胆に書き換えることにした。

「改めてじっくり原作を読むと、スカーレットってまだ16歳なんですよ。子供ですから、知恵や計画もなく、行き当たりばったりなのも当たり前。作者のマーガレット・ミッチェルは時々、意地悪くスカーレットのことを書いたりするけど、彼女には彼女の言い分があるんだというのを、私は一人称で表現しようと思いました。南北戦争などの時代背景は書きにくくなりますけど、16歳が見聞できる範囲で書くように工夫しています」

 大好きなアシュレがメラニーと結婚することになり、スカーレットは面当てに好きでもないチャールズとスピード結婚する。結婚式の1週間後に夫は出征、病気で亡くなった後に、妊娠がわかる。波乱万丈のスカーレットの人生には、1巻だけでもこれだけのことが目まぐるしく起こるのだ。

「おしゃれをしてウエストを細く絞るシーンとか、女の人が好きなものがいっぱい詰まった小説です。タイプの違ういい男が2人いて、若い時は男らしいレットがよかったけど、優柔不断で何を考えてるのかわからないアシュレの良さもわかるようになりました。原作を読んだ人も読んでいない人も楽しめると思いますので、小説の面白さに我を忘れる、あの感じをぜひ味わってほしいです」

 スカーレットをニューヨークに行かせたら? と「続篇」の構想が出るほど、『風と共に去りぬ』にのめり込んでいる林さんである。

■取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)