都会と自然が共存する歴史の街「町田」の見どころ

都会と自然が共存する歴史の街「町田」の見どころ

町田は都会と自然が共存する

 高度経済成長期に東京のベッドタウンとして開発が進んだ東京・町田だが、その歴史は古い。幕末から明治にかけては、日本版シルクロード「絹の道」の中継地として発展。生糸の集積地だった八王子から、町田を通って横浜港まで、荷馬車で生糸が輸送された。駅前は商業施設が立ち並ぶ繁華街だが、駅から少し離れると自然に囲まれ、のどかな田園風景が広がっている。新宿駅から快速急行で最短31分「町田」のみどころを紹介しよう。

●町田仲見世商店街

 約70年の歴史ある商店街。狭い通路の両側に鮮魚店からペットショップまで多くの店がひしめき、西のアメ横ともいわれる。夫婦で営む「市川豆腐店」では、天然の塩田にがりのみで作った木綿豆腐や厚揚げのほか、手作りの漬物も人気。「マルヤ製菓」の名物は大判焼。具のバリエーションが豊富で、定番の小倉あんから白玉ぜんざい、ハムチーズまで30種以上。

●薬師池公園 東京都町田市野津田町3270

 町田駅北口からバスで約30分。薬師池を中心に、国の重要文化財に指定された旧宅「旧永井家」、蓮田など見どころが多く、1年を通して花に囲まれる。1982年に「新東京百景」、1998年に「東京都指定名勝」に指定。2007年には「日本の歴史公園100選」に選定。
・営業時間:6時〜18時(6月〜8月は19時まで)

●柿島屋 東京都町田市原町田6-19-9

 生糸などを運送する荷馬車の馬を扱う「馬喰」を担っていた、創業130年以上の老舗馬肉屋。写真は馬肉のすき焼き「肉なべ」(1750円、写真は2人前)
・営業時間:平日:16時〜21時半(L.O.)、土・日・祝:12時〜20時半(L.O.)
・定休日:水

※週刊ポスト2019年11月1日号

関連記事(外部サイト)