大掃除を成功に導く6つの心得 ベストシーズンは秋!

大掃除を成功に導く6つの心得 ベストシーズンは秋!

秋からスタートする大掃除のコツとは(撮影/多田昌弘)

 今年もやってきました、年末大掃除シーズン! 「毎年、年末ギリギリに慌ててやってる…」という人も多いはず。くたびれ果ててお正月を迎えるより、今年からは余裕の秋スタートが大正解!ということで、大掃除のテクニックを紹介します。

●教えてくれたのは……

家事アドバイザー・藤原千秋さん/『この一冊ですべてがわかる! 家事のきほん新事典』(朝日新聞出版)を監修。雑誌などさまざまなメディアで、住まいに関するライターとして活躍。

掃除ブロガー・東いづみさん/育休中に始めた、掃除ブログが人気に。著書に『子供とペットとスッキリ暮らす掃除術 東さんちのアイデア50全部見せ』(メディアファクトリー)。

◆ちょっとでも「できた!」達成感を大事にしよう

「大掃除は、寒さが本格化する前にすませておくのがベスト!」と、掃除の達人は口をそろえる。「水仕事もつらくないし、心に余裕を持って取り組めます」(藤原さん)。

 また、全部できなくてもOK、という気持ちも大切。

「1年に1回しかやらない場所に絞ると、プレッシャーも減りますよ」(東さん)。「大掃除は、キレイな家で新年を迎えたいという、日本人特有の習慣。『やった』という達成感が大事です」(藤原さん)

 忙しい人は、玄関だけでも整えたら、それで充分!

◆大掃除を成功に導く!! 6つの心得

【1】『掃除のベストシーズンは秋、11月中にメインどころはすませる』

 秋は夏のハウスダストもたまっている。水が常温で使えるうちに、浴室やキッチンなどの水まわりから始めるのが◎。暖房をつけず、窓を開けて作業できるので、健康にも家計にもやさしいおすすめの時期。

【2】『健康と安全が第一!手の届く範囲でよしとする』
 大掃除を張り切りすぎて、屋外で長時間作業をして風邪をひいたり、高い所に上ってけがをしたりしては本末転倒。便利グッズもうまく活用して。

【3】『きれいにしても一度使えば汚れる。完璧を目指さない』
 どれだけピカピカに掃除しても、とくに水まわりは、生活していれば汚れて当然。100%を目指して神経質にならないのが、掃除を楽しむコツ。

【4】『必要に応じてプロの手を借りる』
 掃除の難所は、ハウスクリーニング業者に任せて正解。早割などのキャンペーンを行っているところも。

【5】『キッチンと浴室は前後半のサンドイッチ方式で攻める』
 使用頻度が高い水まわりは、2回に分けて掃除すると、負担も少なく挫折しにくい。ゴミの出やすいキッチンは、年末の最終収集日前に終わらせて。

【6】『掃除グッズは少数精鋭で“使い切る”を目標に!』
 大掃除のためだけに、プロ仕様のアイテムを揃える必要なし。普段の掃除で使っているものを、大掃除で1本使い切ると、達成感が得られる。

◆換気扇、レンジフードはアルカリ性洗剤で
「掃除クロスなどにアルカリ性洗剤を吹き付けてこすり、仕上げに水拭き」(藤原さん)

◆換気扇、金属フィルターはつけ置き洗い
【1】酸素系漂白剤に浸す
「フィルターを外してゴミ袋などに入れ、酸素系漂白剤を振って湯に浸し、約1時間つけ置きを」(藤原さん)

【2】歯ブラシでこする
「浮いた汚れを歯ブラシなどでやさしくこすり、湯で洗い流して乾かします」(藤原さん)

◆コンロまわり、天板の油汚れは予熱を利用
「余熱で油が溶けているうちが勝負! 洗剤を吹き付け、やけどに気をつけてメラミンスポンジなどで拭き取ります」(藤原さん)

◆コンロまわり、五徳には中性洗剤が◎
「コゲつきが少ない五徳や受け皿は、スポンジに中性洗剤をつけて、こすり洗いを」(藤原さん)

◆浴室、鏡のウロコ汚れにクエン酸スプレー
「カルキ汚れにはクエン酸。汚れが酷いときは、クエン酸水の後に風呂用洗剤をスプレーし、2時間置いてスポンジでこすります」(東さん)

◆浴室、菌由来のぬめりは風呂用洗剤でOK
「ピンク色のぬめりは、バクテリアが原因。風呂用中性洗剤の泡タイプを吹き付けて、こすり洗いを」(藤原さん)

◆窓まわり、カーテンは洗濯機洗い→カーテンレール干し
「カーテンは、晴天の日に洗濯ネットに入れて、洗濯機のおしゃれ着洗いコースで丸洗いします。そのままカーテンレールに吊るしておけば、自然に乾きます」(東さん)

◆網戸はホコリを吸い取って仕上げ拭き
【1】最初に掃除機で吸い取る
「網戸の裏側に段ボールや厚紙を当てて、掃除機でホコリを吸い取ります」(東さん)

【2】水拭きは、両側から挟み撃ち!
「ウエットシートや濡らした布で両側から挟むと、網がたわまず拭きやすいですよ」(東さん)

※女性セブン2019年11月7・14日号

関連記事(外部サイト)