親子丼、天丼、海鮮丼…行列のできる激旨どんぶり都内6選

親子丼、天丼、海鮮丼…行列のできる激旨どんぶり都内6選

玉ひで 極意(贅沢三昧親子丼) 3000円

 食欲の空きを食べ尽くすのにピッタリなのがどんぶりもの。トロットロ、サックサク、ガッツリスタミナ満点……行列ができる都内の6店の激旨どんぶりを紹介しよう。

◆進化を遂げた老舗の元祖親子丼 『玉ひで』(人形町) 極意(贅沢三昧親子丼)

 創業259年。将軍の前で鶴をさばく「御鷹匠仕事」をしていた山田鐵右衛門が開いた軍鶏料理店が「玉ひで」のはじまり。名物の親子丼は、明治20年頃に5代目の女将が創案した。

 伝統を守りつつ、味は進化する。5月から60年ぶりにメニューを一新した。5種類の親子丼のうち最上級の「極意」は定番の親子丼に、2時間かけて低温調理した熟成ささみをトッピング。さらに鶏粉と烏骨鶏の生卵がついた贅沢三昧の丼だ。まずはささみを溶き卵につけて鶏本来の旨味を味わい、親子丼を食べすすめたら、途中で鶏粉や溶き卵をかけて味の変化を楽しみたい。老舗の「極意」がつまった逸品だ。

【玉ひで】住所:東京都中央区日本橋人形町1-17-10
営業時間:昼 親子丼11時半〜13時半(13時半までの来客で終了)、昼膳・コース11時45分〜14時半(13時半L.O.)、夜17時〜22時(21時L.O.)※休日は昼のみの場合もあるので要問い合わせ
休:月(月が祝日の場合は翌日が定休)、年末年始

◆溢れ出るイクラの豪快なぶっかけに興奮! 『原始炭焼 いろり家』東銀座本店(東銀座) 船上めし(並盛り)

「よいしょ!」。看板メニュー「船上めし」の注文が入ると、北島三郎の『まつり』が流れ始め、店員全員の威勢のよい掛け声が響き渡る。太鼓の音と掛け声のリズムに乗り、キラキラと輝く大量のイクラが豪快に茶碗にぶっかけられ、こぼれ落ちていく。注文客も「よいしょ!」と元気な声を上げると店員のテンションが上がり、盛る量も多くなる。

 これでもかと流れてくるイクラの波を受け止めるのは北海道産米「ななつぼし」。口の中でプチプチと弾ける大粒イクラからは旨味が溢れ出し、程よい甘味のご飯との相性も抜群。海鮮炉端焼店だが、年間2トンのイクラを仕入れ、毎夜の“イクラ祭り”を盛り上げている。

【『原始炭焼 いろり家』東銀座本店】住所:東京都中央区銀座3-11-11 銀座参番館2 B1
営業時間:月〜金18時〜翌3時、土・日・祝17時〜23時
休:不定休

◆炭火で焼くヒレ、サーロイン、ローストビーフの贅沢な黒毛和牛丼
『神楽坂翔山亭』黒毛和牛贅沢重専門店神楽坂本店(神楽坂) 黒毛和牛贅沢重(松)

 高級焼肉店が母体の黒毛和牛贅沢重専門店。A5ランク以上の厳選した黒毛和牛のみを使う「黒毛和牛贅沢重」のメニューは3種類(松、竹、梅)。いずれにもしっとり艶めかしいローストビーフ、旨味たっぷりの牛しぐれ煮が入るが、人気の高い「松」(写真)にはさらに炭火で焼いた香ばしいヒレとサーロインが加わり、別皿で登場するサーロインの炙り握り1貫、牛そぼろ肉入り焼きしぐれ味噌が脇を固める。

 様々な部位の肉の旨味を一度に堪能でき、まさに贅沢な一品。最初はそのまま、次は黄身だれやワサビで、最後に刻み海苔とダシでお茶漬けに。風味の変化を演出する趣向も楽しい。

【『神楽坂翔山亭』黒毛和牛贅沢重専門店神楽坂本店】住所:東京都新宿区神楽坂3-1 桂ハイツ1F
営業時間:11時〜20時半(L.O.)※予約不可。使用部位は異なる場合もある
休:12月31日、1月1日

◆ネタがはみ出すボリューム天丼
『金子半之助』(日本橋)江戸前天丼

 連日行列が絶えない江戸前天丼の超人気店。創業者・金子真也氏が2011年に日本橋本店をオープン、いまや国内外に20店舗以上を展開する。店名は、祖父・金子半之助の名前。和食界の重鎮で調理師だった半之助から、真也氏が「秘伝の丼たれ」のレシピを引き継ぎ、天丼を完成させた。

ネタは毎朝、豊洲市場で仕入れる。穴子、海老(2尾)、小柱とイカのかき揚げ、卵、海苔、シシトウとボリューム満点。卵を割るとトロトロの黄身が溢れ出す。和食をこよなく愛し「天ぷらは庶民の食べ物」と言い続けた半之助の想いを引き継ぎ、安くて旨い天丼を提供し続ける。

【金子半之助】住所:東京都中央区日本橋室町1-11-15
営業:月〜金11時〜21時半(L.O.)土・日・祝10時〜20時半(L.O.)
※並び状況でL.O.が早まる場合あり
休:年末年始、不定休

◆ウニ、イクラ、キャビアの贅沢三昧
『十番右京』(麻布十番)贅沢!海の宝石 おちょこ丼3個セット

 麻布十番の予約困難な居酒屋「十番右京」。約100品の料理と約250種類の和酒がそろう。なかでも日本酒は常時80種類と充実。気軽に飲めていろんな料理を楽しめるうえ、〆のご飯も充実しているとあって、著名人も多く訪れる有名店だ。

 名物はすりおろしたトリュフが贅沢にのった「トリュフたまごかけご飯」だが、ウニ、イクラ、キャビアを同時に楽しめる「おちょこ丼」も人気だ。北海道産の塩イクラとウニ、イタリア産のキャビアの高級食材を少しずつ味わえるのがうれしい。ボリュームはそれぞれ大きめの握り寿司ほどで、酒の肴にぴったりだ。

【十番右京】住所:東京都港区麻布十番2-8-8
営業時間:月〜木17時〜翌2時、金・土・祝前日17時〜翌4時、日17時〜23時半※翌日が祝日の場合は日曜も祝前日営業。翌日の祝日は23時半までの営業。食材がなくなり次第、閉店することもある
休:年末年始

◆創業98年の名店が焼き上げた珠玉の焼鳥丼
『伊勢廣』京橋本店(京橋) 焼鳥5本丼

 映画監督の小津安二郎がこよなく愛した焼鳥専門店の老舗。1921年の創業当初から鶏肉をはじめ、すべての食材を吟味してきた。ランチの名物「焼鳥5本丼」は、ディナーで人気の5串をセレクト。中でも人気の高いのは、余計なつなぎは一切使わず、鶏肉の旨味を存分に味わえる「団子」。麻の実が織りなすプチプチとした食感が堪らない。

 もちろん戦後から継ぎ足してきた秘伝のタレが味を引き立てる「もも肉」、おろしたてのワサビを添えた「ささみ」、絶妙な焼き加減で噛むごとに旨味が口の中に広がる「皮身」、臭みのないしっとりとした「レバー」、いずれも姥目樫備長炭でじっくりと焼き上げた珠玉の焼鳥ばかりだ。

【『伊勢廣』京橋本店】住所:東京都中央区京橋1-5-4
営業時間:月〜土11時半〜14時、16時半〜21時(土のみ〜20時半)
休:日・祝

◆撮影/岩本 朗、中庭愉生、内海裕之 取材・文/戸田梨恵、上田千春、小野雅彦

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事(外部サイト)