4人に1人が「まだ結婚できない男」未婚率上昇の理由とは

4人に1人が「まだ結婚できない男」未婚率上昇の理由とは

4人に1人が桑野予備軍!?(C)カンテレ

「相変わらずひとりが好きで悪いか!!」。そんな言葉とともに13年ぶりに帰ってきた桑野信介。マイ指揮棒を片手にクラシック音楽を楽しむ一方、母親との関係に悩む彼の姿はまさに「生涯独身社会」の象徴そのもの。不器用で偏屈な桑野の姿から、今の社会が見えてくる──。

 57才の独身男性はこう語る。

「普段テレビって見ないけど、これだけは録画までしてる。だけど、現実はもっと孤独で不安。だって彼の周りには女性の影がちらほらあるでしょ。しかもタイプの違う美女たちが。アイツは結婚できないんじゃなくて、自分の意思でしないだけ! なんて言いながら、今週末は真似して鎌倉ひとり旅の計画を立てちゃうくらいには、影響を受けているんだけど(笑い)」

“アイツ”と呼ばれ、やっかまれているのは、13年ぶりの続編が放映中のドラマ『まだ結婚できない男』(フジテレビ系・火曜21時〜)の主人公・桑野信介、53才。同ドラマは普段テレビを見ない仕事盛りの男性をも虜にしている。13年の時を経て、相変わらず偏屈な独身男が、どうしてこんなに、気になるの──?

◆「まだ結婚できない」スタッフ

「桑野のようなシングル男子、私の周りにもたくさんいますよ。オーディオルームやホームシアターを作っている人もいて、変わり者だけど、本人たちは楽しそう。非婚化・晩婚化が進んで、“おれ、こんな感じかも”とか“職場のあの人みたい”と心当たりのある人が増え続けてきたのではないでしょうか」

 こう話すのは、ドラマ評論家のペリー荻野さんだ。桑野を取り巻く設定のリアルさも絶賛する。

「13年後を描く今回、変わらない桑野と変わってゆく周囲の様子が絶妙に表現されています。50を過ぎた男がひとりでいることに、高齢の母・育代(草笛光子・86才)は諦めの境地にいながら気を揉むとか、知らない人からブログに悪口を書かれたりとか、みんなが桑野のことを変人と認識しているのに本人は相変わらずそう思ってないとか。

 加えて、犬と目が合っただけ、買い物をしているだけなのに面白くなっちゃう阿部寛(55才)演じる桑野の雰囲気が抜群。社会問題にもなっている非婚化や晩婚化を扱った作品ですが、彼の演技で良質なコメディー作品になっているのだと思います」(ペリーさん)

 今の社会を軽妙に描き、視聴者の心をわしづかみにできる理由は、ドラマの現場にあるようだ。同ドラマプロデューサーの米田孝さんが言う。

「スタッフも前作からかかわっている人が多く、“お互い年食ったね”なんて言い合いながら、同窓会のような雰囲気です(笑い)。桑野がクラシック音楽を聴きながら“マイ指揮棒”を振るくだりは“まだ結婚してない”スタッフの日常からネタ出しをしたもの。ジムにせっせと通ったり、仕事終わりにコンビニに寄ることをルーティンにしているエピソードも同様です」

◆4人に1人の男性が婚歴なし

 前出のペリーさんの言葉通り、男性の非婚化・晩婚化の流れは加速度を増している。国立社会保障・人口問題研究所の発表によれば、2015年の男性の生涯未婚率は23.4%にのぼる。『データで読み解く「生涯独身」社会』の著者で、ニッセイ基礎研究所 生活研究部准主任研究員の天野馨南子さんは、男性未婚率上昇の理由をこう分析する。

「今や50才男性の4人に1人は婚歴なしですが、一般的には“男はしようと思ったらいつでも結婚できるし、子供も授かれる”との思い込みがかなり強いです。しかし実際には女性同様、男性も初婚年齢と出生率に確固たる相関関係があり、初婚が遅ければ遅いほど子供を授かるのは統計的に難しい。

 実は、若い女性を獲得しようにも、50代男性が20代の女性と結婚する確率は0.06%です。その0.06%も芸能人などの特殊事例が含まれた数値ですが、メディアで取り上げられると一般人でも急に自信を持ってしまう」

 危機感の薄さに反して、マッチングアプリに代表される「婚活ブーム」は花盛りのようで、作中でもアプリを使って結婚相手を探そうとする桑野の様子が描かれている。しかし男性向けに婚活セミナーとイベントを行っている「花婿学校」代表の大橋清朗さんは渋い顔を見せる。

「自治体から婚活イベントを依頼されることが多いものの、男性の結婚意欲は低下している印象です。“自分を変えたくない”という気持ちが強く、見た目や中身を磨いてまで結婚しようとは思わないようです。10年前はイベントをすれば多くの人が熱心に足を運んでいましたが、今は“今日は雨が降ったから行かない”なんていう人も」

 10年前よりもひとりで生きていきやすい環境が整っているのも一因だろう。たしかに、「こんな人、いるんだ!」と驚きを持って受け入れられた “ひとり焼き肉”も、今やチェーン専門店ができている。

「昔は実生活で異性と接していない寂しさが恋愛や結婚への意欲につながったのですが、今はネットなどで人とのつながりが簡単に得られるから、なんとなく満足してしまう。誰かと生活して自分を変える煩わしさより、自由なひとり身を選ぶんです」(大橋さん)

◆結婚に代わる担保がまだない

 ならば、《人生100年、あと50年ぐらいひとりでも大丈夫だなあ》と満面の笑みで“ひとり流しそうめん”をする桑野は、このままでいる方が幸せなのではないか。

 しかし大橋さんは「50才と同じ状態で100才までいければいいですが、人間そうはいかない」と待ったをかける。

「自分が70才、80才になった姿を想像できる50代の独身男性はほとんどいません。やっと老後が現実的に見えてきて、その時に『やっぱり結婚したい』と思っても手遅れのことが多いのです」

『人は死ぬまで結婚できる』(講談社+α新書)などの著書があるライターの大宮冬洋さんも声をそろえる。

「事実婚など熟年男女のいろいろなケースを取材してきましたが、現状、結婚に代わる“安心”の定義がまだされていないように思えます。実社会には、桑野のように頼れる部下や仲のいい女友達、なじみのカフェ店員など人に囲まれて楽しそうにしているシングル男性のロールモデルが身内や友達にいないからです」

 大宮さんは、そういう人には「結婚についてハードルを上げなくていい」とアドバイスしている。

「現にぼく自身も離婚と再婚を経験していて、今は愛知県に住んでいるんですが、初婚の時には東京以外に住むなんて考えられませんでした。本当に自分が大事にしていること…ぼくの場合はそれが食事だったんですが、それ以外の“譲れないこだわり”だと思っていたことは、実は大したことじゃなかったりする。もちろん独身時代とまったく同じ生活を送れるわけではないものの、結婚はそこまで自由を捨てることではないですから」(大宮さん)

 桑野に“13年目の春”は訪れるのだろうか──?

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)