「ツレうつ」作者の実感、うつの夫と一緒に落ち込まないこと

「ツレうつ」作者の実感、うつの夫と一緒に落ち込まないこと

“ツレうつ”原作者が振り返る、夫が突然うつになった日のこと(イラスト/細川貂々)

 今年8月1日、お笑い芸人・ネプチューンの名倉潤がうつ病を公表。妻でタレントの渡辺満里奈はインスタグラムで《家族で体調と向き合いながらゆっくり過ごしたい》と綴り、家族と二人三脚でうつ病に取り組む覚悟を見せた。夫が突然うつ病になったら、あなたはどうしますか? リアルケースとともに、対処法を紹介する。

◆仕事大好き人間だった夫が、ある朝突然、動けなくなったんです

【漫画家・細川貂々(てんてん)さんの場合】
 15年前、外資系IT企業勤務の夫(当時39才)がうつ病を発症。その後、妻が出産。現在は11才の息子と3人暮らし。闘病生活を描いた漫画『ツレがうつになりまして。』(幻冬舎)はベストセラーに。

 * * *
 外資系企業に勤めていた夫は仕事大好き人間で、常にポジティブ。うつには縁がないと思っていました。でも、30代後半に職場環境が変化し、仕事が激増。ストレスをため込んでいたようでした。

 そんな日々が半年続いたある日、夫が真顔で「死にたい」と言ってきたんです。あわてて病院に連れて行くと、うつ病だと診断されました。それでも夫は、薬をのみながら会社に行っていたのですが、ある朝突然、動けなくなったんです。食事もできなければ、水も飲めない──そんな状態に、私は天地がひっくり返るくらい驚きました。

 当時の私は、漫画家としてデビューしていたものの、年に数本の仕事があるかないか。それでも夫に会社を辞めてもらいました。そうでもしないと、病状がよくならないと思ったからです。

 失業保険や貯金には限界があるので、私は漫画とイラストの仕事を本格始動。家で仕事をしながら、病状が一進一退する夫と過ごしました。

 この経験を通じて痛感したのは、「見守る側の妻が、一緒に落ち込まないこと」。闘病中の夫はネガティブな言動が多かったのですが、「病気がそうさせているんだ」と思うようにしました。私だけでも、のんきに構えようと決意したことで、長期間の闘病に伴走できたのだと思います。白髪は増えましたけど(笑い)。

 現在の夫は主夫をしながら私のマネジャーなどの仕事もしています。もし、夫が会社員を続けていたら、今の日々はなかったかもしれません。

※女性セブン2019年11月28日号

関連記事(外部サイト)