私家版・裏「2019新語・流行語大賞」トップテン 永田町編

私家版・裏「2019新語・流行語大賞」トップテン 永田町編

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=11月1日、国会内

 本来、政治家は言葉に責任を持つ人々、のはずである。コラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 今年も「ユーキャン新語・流行語大賞」の季節がやってまいりました。11月6日にノミネート30語が発表され、12月2日にトップテンと年間大賞語が発表されます。

 僭越ながら大賞語を予想すると、本命「にわかファン」、対抗「ONE TEAM(ワンチーム)」、大穴「キャッシュレス/ポイント還元」でしょうか。かすりもしなかったら、見なかったことにしてください。何かの拍子に「闇営業」が授賞して、吉本芸人の誰かが授賞式に登場したら面白いんですけど、それはないでしょうね。

 ノミネートされた言葉を見ると、毎年「どうしてあの言葉が入っていないんだろう」と思ってしまいます。今年もしかり。先日取り上げた「責任を痛感」はタイミング的に無理だったとしても、とくに政治家関連の言葉が“冷遇”されているように見えます。小泉進次郎環境相の「ポエム/セクシー発言」はノミネートされていましたが、いじりやすいキャラのにぎやかし的な扱いに過ぎません。

 残念ながら(?)ノミネートされなかった言葉にスポットを当てるべく、政治家が発した言葉や政治がらみの言葉を中心に、裏「新語・流行語大賞」のトップテンを選出してみましょう。とっても豊作で10語に絞るのがたいへんでした。

●私家版・裏「新語・流行語大賞」2019年トップテン(順不同)

・天皇、皇后両陛下には末永くお健やかであられますことを願っていません(安倍晋三内閣総理大臣)
・任命責任は私にあります/責任を痛感(安倍晋三内閣総理大臣)
・共産党!(安倍晋三内閣総理大臣)
・発言は承知していない(菅義偉内閣官房長官)
・桜を見る会/各界で功績、功労のあった方々(いちおう菅義偉内閣官房長官)
・身の丈に合わせて(萩生田光一文部科学大臣)
・老後2000万円(金融庁の報告書)
・議事録は作成していない(文部科学省)
・復興以上に大事なのが高橋議員だ(桜田義孝元オリンピック・パラリンピック担当大臣)
・雨男(河野太郎防衛大臣)

 こっちはこっちで「あの言葉が入っていない!」と言われそうですけど、本家の30語にもけっして引けを取らない充実っぷりではないかと自負しております。

 安倍首相はさすが日本のトップだけあって、たくさんの印象的な言葉を発してくれました。漢字が読めなかったと推察される背筋が凍る間違いあり(願って已〈やみ〉みません⇒願っていません)、見事に心がこもっていない決まり文句の繰り返しあり、国会で一国の総理が発するとは思えないトホホすぎるヤジありと、じつに盛りだくさんです。

 片腕的な存在である菅官房長官も負けてはいません。定例の記者会見では、見事なまでに「木で鼻を括ったような対応」を見せ続けてくれています。気に入らない記者や厄介な質問に対する露骨な塩対応も、すっかり板につきました。きっとそんな不愉快な態度を通して、国民に何か大切なことを伝えようとしてくれているに違いありません。

 萩生田文科相の「身の丈発言」は激しい非難を浴び、英語民間試験の導入を延期させてしまいました。発言が非難されるまでは押し切る気満々だったのに、言葉が持つ力を見せつけられたと言えるでしょう。来年度の「桜を見る会」の中止がさっさと発表されるなど、このところ今までの「やりたい放題」とはちょっと違う動きが連続しています。

「老後2000万円」も、政府は必死で「なかったこと」にしようとしていますが、2000万円という額は国民の脳裏に強烈に刻まれました。政府のあわてっぷりに、事の重大さや深刻さを読み取らずにはいられません。

 さて、あなたにとっての「大賞語」はどれですか。ま、どれでもいいですね。来年もまた、この手の政治がらみの「新語・流行語」が、たくさん発せられることでしょう。いろいろ残念なことはありますけど、強くたくましく楽しく生きていきたいものです。

関連記事(外部サイト)