「一生飲み続ける」降圧剤に医師が疑問 降圧剤の副作用に動悸や勃起不全、脳卒中

記事まとめ

  • 北品川藤クリニックの院長は「降圧剤は必ずしも一生飲み続けるものではない」と話す
  • 降圧剤の副作用に動悸やふらつき、勃起不全など数あるなかでも恐ろしいのが「脳卒中」
  • ARBを服用していた人が発作を起こし、脳梗塞寸前の一過性脳虚血発作と診断された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております