橋、船、漁港など千葉・船橋の魅力が詰まった「大神宮下駅」

橋、船、漁港など千葉・船橋の魅力が詰まった「大神宮下駅」

船橋地方最古最大の神社・意富比神社

 京成上野駅から特急で京成船橋駅まで31分、そこから各駅停車で2分の大神宮下駅(千葉県船橋市)は、「船橋大神宮」の名で親しまれる意富比(おおひ)神社の最寄り駅。海からも近く、駅から15分ほど歩くと船橋漁港や船橋港親水公園に着く。

 船橋という地名は、駅の西側を流れる海老川にかつて船を並べて上に板を渡し、橋の代わりにしたことに由来する。今では海老川には意匠を凝らした13の装飾橋がかかり、散策路も整備されている。海風に吹かれながら、船橋の歴史と文化を感じるプチ散歩に出てみよう。

■意富比神社 千葉県船橋市宮本5-2-1

 船橋地方最古最大の神社。正月三が日には例年約15万人の初詣客が訪れる。徳川家康公、秀忠公を祀った常磐神社、現存の中では国内最大級の民間灯台といわれる灯明台、船の軸先を模した社殿が特徴的な船玉神社など、見どころも多い。

■杉岩商店 千葉県船橋市宮本2-12-10

 先々代が行商から始めた「焼あさり」(1串75円)が名物の佃煮店。丁寧に手焼きして丸大豆濃口醤油のたれにつけ、ふっくら香ばしく仕上げた焼あさりは、つまみやおやつにぴったり。

営業時間:10時〜18時
定休日:日・祝

■船橋漁港の朝市 千葉県船橋市湊町3-16-1近辺

 船橋漁港で月1回開催される朝市。新鮮な魚介類や水産加工品、農産物、地元人気店の菓子や焼きたてピザなどが揃う。漁師直伝のお魚さばき教室(要予約・参加費1500円)も好評。

営業日時:毎月第3土、9時〜11時(12月・1月は休み)

■海老川十三橋めぐり

 船首のオブジェと「船橋地名発祥の地」の銘が刻まれた海老川橋(左)やカッパ像が目印の船橋橋(右)など、川沿い約2.6km間で個性豊かな13の橋めぐりを楽しめる。

撮影/内海裕之、佐藤敏和、中庭愉生 取材・文/上田千春、城川佳子、戸田梨恵

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)