厚労省が医療の質向上、医療費抑制と喧伝した「医薬分業」で患者負担が“倍増”

記事まとめ

  • 慢性疾患でも病院は2週間や1か月分しか薬を出さず、病院は再診料などが確実に稼げる
  • 1970年代まで院内処方が主流だったが“クスリ漬け医療”が横行し医薬分業が推進された
  • 医薬分業で、医者と薬剤師がそれぞれの利益を最大化、患者負担“倍増”との指摘も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております