参拝客で賑わう信仰の地、千葉・成田の見所 空港だけじゃない

参拝客で賑わう信仰の地、千葉・成田の見所 空港だけじゃない

御護摩祈祷の様子

 空の玄関口である成田国際空港を擁し、上空を飛行機が行き交う千葉県北部の国際観光都市・成田。京成上野駅から特急で1時間4分で到着する成田は、平安時代の開山以来、「成田山のお不動さま」として古くから庶民の信仰を集め、親しまれている成田山新勝寺の門前町として賑わいをみせてきた歴史も持つ。京成成田駅と同寺を徒歩10分で結ぶ参道には、甘味処や鰻専門店、和菓子店などが並び、参拝後は参道グルメも楽しみたい。

■大本山成田山新勝寺 千葉県成田市成田1

 平安時代、朱雀天皇の勅命を賜った寛朝大僧正が御護摩祈祷によって平将門の乱を収めたとされる開山縁起を持つ。大本堂では毎日、成田山で最も重要な御護摩祈祷が行なわれる。境内にある出世稲荷。仕事の成功や出世を願い、名刺を絵馬に貼る参拝客も多い。正徳2(1712)年に建立された三重塔(上右)、文久元(1861)年建立の「額堂」など重要文化財も見どころ。

■川豊本店 千葉県成田市仲町386

 明治43(1910)年創業。行列が絶えない老舗の鰻専門店。一番人気のメニューは、鰻1尾を使う「上うな重」(3600円)。創業時から継ぎ足し続ける秘伝のタレを纏い、ふっくらと焼かれた身は絶品。「割きたて、蒸したて、焼きたて」にこだわり、店先からは鰻を焼く香りが漂い、食欲をそそる。混雑時は整理券を発行。

営業時間:10時〜17時(L.O.)
定休日:無

■米分 千葉県成田市上町503

 大正8(1919)年、成田山参道で初めて栗蒸ようかんを始めた元祖。写真は栗の甘露煮を贅沢に使った人気の特撰栗蒸ようかん「こよね」(1300円)。

営業時間:9時〜17時
定休日:火(月によって変更あり)

■蔵元直売店『長命泉』 千葉県成田市上町540

 成田山参道で唯一の酒蔵の直売店。表参道の地下を流れる水で造る吟醸酒「成田霊水」(中央、1485円)など多彩な地酒が揃う。

営業時間:月〜土:10時〜19時、日:9時〜18時
定休日:無

撮影/内海裕之、佐藤敏和、中庭愉生 取材・文/上田千春、城川佳子、戸田梨恵

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)