朝日も日経も1面で取り上げた「#NoBagForMe」運動って何?

朝日も日経も1面で取り上げた「#NoBagForMe」運動って何?

レジの光景が変わろうとしている(イラスト/河南好美)

〈生理のこと、隠す? 隠さない? #袋いらない「気兼ねなく話そう」〉
〈女性の生理 広がる理解「隠さない」パッケージ 社内セミナー、男性も〉

 それぞれ11月13日付の朝日新聞夕刊、11月16日付日経新聞夕刊の1面トップの見出しである。

 わずか数日の間に、全国紙の1面に「生理」の話題が立て続けに上がるとは、前代未聞。生理のことは公に口にするものではない……そんな先入観を打ち破ることが、このムーブメントの狙いだという。

 コンビニやドラッグストアで生理用品を購入した際、レジ袋に入れる前に紙袋に包まれることを拒む「#NoBagForMe(ノーバッグフォーミー)=私は袋は要りません」という動きが広がっている。

「生理について、言いたい人が言える環境になれば」という女性起業家の声に応じて、生理用品、紙おむつなどを手がける衛生用品メーカーのユニ・チャームが始めたものだ。

「目的は紙袋の廃止でも、生理用品をそのまま持ち歩くことを推奨することでもありません。女性が活躍する社会の時代の変化に合わせ、生理に対するこれまでの価値観を周囲の環境含めて変えることを目指しています」(ユニ・チャーム広報部)

 10月上旬には女性誌『SPUR』が創刊30周年キャンペーンとして、渋谷109ビルの入り口の壁一面に貼り付けられた生理用ナプキンを自由に持ち帰れるプロジェクトを行なった。これも「#NoBagForMe」の一環で、「生理はタブーじゃない」として実施されたものだ。『生理用品の社会史』の著者で、歴史学者の田中ひかる氏が解説する。

「これまで日本には“生理について触れることはタブーだ”という感覚が男女ともにありました。『袋は要りません』という言葉は、『生理は隠すことではない。恥ずかしいことではない』という意識を、端的に表わそうとしている。『生理は不浄である』『女は生理のとき精神に変調をきたす』といった誤った見方がいまだ根強いなか、こうした意識変革には大きな意味があると思います」

 思い起こされるのが今年1月に起きた「#KuToo(クートゥー)」運動だ。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけた言葉で、「職場で女性がハイヒールを強制され、靴ずれ、外反母趾や頭痛などの健康被害を受けた」という女性たちがネットを中心に「ハイヒール・パンプスの強制廃止」を求め署名を集めた。

「いずれも、男女平等化が進んだこと、SNSなどを通じて女性が声を上げやすくなったことが背景にあると言えるでしょう」(田中氏)

※週刊ポスト2019年12月6日号

関連記事(外部サイト)