水商売女性が「枕営業」で相手の妻から慰謝料請求されたら?

水商売女性が「枕営業」で相手の妻から慰謝料請求されたら?

「枕営業」で相手妻が激怒したら?

 飲食業界は3年で5割、5年で7割が潰れるとも言われる厳しい業界。客を呼ぶためにはあらゆる努力が要求されるが、いわゆる“枕営業”をしたところ、その妻から慰謝料を請求された場合、どうすれば良いのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 水商売をしています。先日、お客様の奥様から内容証明が送られてきて困惑しています。要はうちの旦那とあなたの浮気が発覚したから、相応の慰謝料を払えというもの。ただ、浮気といっても「枕営業」でしかなく、知人の話によれば、それなら慰謝料を払わなくてもよいとのことですが、本当でしょうか。

【回答】
 その「枕営業」とは“枕”が男女関係の隠語ですから、わかりやすい俗語ですが、普段は使用されることなく、少し古い辞書には、こうした言葉は載っていなかったように思います。デジタル大辞泉では「販売員などが、契約成立の交換条件として顧客と性的関係を結ぶこと」と説明されています。

 枕営業は言葉の意味からも、業務遂行の一方法ですから、本来それが問題になるのは枕営業による取引契約の有効性、従業員に枕営業を命じる業務命令の違法性、あるいは枕営業をしている、といわれた場合の名誉毀損です。

 ただし、それ以外にも、今回のご相談のように枕営業が不貞行為として問題になったケースもあります。すなわち不貞行為とは、婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益に対する侵害行為と解され、不貞行為者の配偶者は不貞相手方に対して慰謝料の請求ができます。

 数年前、接待で利用していたクラブのママから枕営業で逆接待され、毎月2回くらい関係を持っていた社長の夫人が、ママを相手に提起した裁判がありました。東京地裁は、クラブのママやホステスが「枕営業」を繰り返しても「売春婦の場合と同様に、顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではない」ので、妻が精神的苦痛を受けても、不法行為は構成しないとして請求を棄却しました。

 この判決は、一時話題になりました。しかし、親密な交際になってしまうと、内心は「枕営業」のつもりでも、不貞関係は否定できません。営業目的の交際だろうと、婚姻共同生活の平和の侵害行為に当たるとして、慰謝料の支払いを命じた例もあります。結局、どんな付き合いをしていたか。愛情など持たず枕営業のつもりであっても、安心できません。

【プロフィール】竹下正己●1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年12月6日号

関連記事(外部サイト)