春風亭一之輔 前年までの初演ネタを七夜連続独演会で披露

春風亭一之輔 前年までの初演ネタを七夜連続独演会で披露

春風亭一之輔の独演会の内容は?(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、春風亭一之輔のネタ下ろし独演会シリーズ総集編の一夜から三夜までの様子についてお届けする。

 * * *
 よみうり大手町ホールで10月21日から27日まで行なわれた「落語一之輔七夜」の全公演に通った。2014年の「一夜」から2018年の「五夜」まで毎年一夜ずつ増える形で5年連続開かれたネタ下ろし独演会シリーズの総集編で、「六夜」を飛ばして「七夜」となった今年はネタ下ろしはなく、「一夜」から「五夜」で初演した中から毎夜一席ずつ演じた。

〈第一夜〉一席目は新米泥棒が親分に甘えるお馴染み『鈴ヶ森』。二席目は十八番『初天神』を演じてから団子屋が父子を奉行所に訴えて後半へと突入する『団子屋政談』。金坊を大岡様が連れ回すバカバカしさから一転して心温まる結末に至るアクロバティックな展開の妙が光る。

 三席目は「五夜」でネタ下ろしした『ねずみ』。卯兵衛の身の上話を生駒屋が話す兼好演出を継承、生駒屋のキャラで笑わせつつ、甚五郎の台詞には人情噺のトーンも。卯之吉の「七夕の短冊に『おっかちゃんを返してください』と書いた」という台詞には泣けた。「生駒屋の友情に打たれて」鼠を彫るという演出も見事で「私もあんな友達が欲しかった」という甚五郎の台詞が印象的だ。

〈第二夜〉一席目は鉄板ネタ『あくび指南』。聴く度にアドリブで進化して新鮮に笑えるのが凄い。二席目は「四夜」でネタ下ろしした『猫の災難』。酔いが回る一人酒盛りの描写の独創性に圧倒される。酒を「酒呑童子が来て飲んじゃった」という言い訳を思いついて妄想の一人芝居を繰り広げてからしみじみ言う「俺は面白いなぁ」に爆笑した。

 三席目はムキになる二人の隠居が実に微笑ましい『笠碁』。仲のいい男同士のツンデレな会話を描かせたら一之輔の右に出る者はいない。仲直りする場面の二人の嬉しそうなこと! 「八歳の時に雨の中で待ってた」というエピソードを活かした独自のサゲも“友情”というテーマに直結して心に沁みる。

〈第三夜〉一席目は隠居の甚兵衛さん愛が止まらない爆笑編『加賀の千代』。お清さんまで甚兵衛さん愛を発揮して隠居も大喜び。

 二席目『夢見の八兵衛』は東京では柳家一琴の十八番だが一之輔も完全に自分のものにした。煮しめを食べるときの「ニンジン甘い♪」「ハス嫌い!」が妙に可笑しくて好きだ。首吊りの形相の物凄さ、化け猫の可愛さは一之輔ならでは。

 三席目は「二夜」でネタ下ろしした『百年目』。花見の晩に「番頭の子供の頃の思い出を夫婦で夜通し語っていて眠れなかった」という旦那の描き方が魅力的。番頭に語りかける「今度は二人で花見に行きましょう」は素敵な台詞だ。(四夜以下次号)

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。

※週刊ポスト2019年11月29日号

関連記事(外部サイト)