降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も

降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死する例も

薬を飲んで命が…?

 歳を重ねるごとに、飲む薬の量が増えていく。「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」などの生活習慣病の治療のためには、長期間薬を飲み続けなければならないケースがほとんどだからだ。裏を返せば、それだけ「副作用」のリスクが増えることを意味する。「薬を飲んだ後の死亡事例」が多数報告されている──。

◆副作用が増える

 高血圧の治療のために降圧剤「オルメテック」を服用していた50代の男性が服用開始の37日後に「劇症肝炎」を発症。医師は投与を中止したものの、その後、帰らぬ人となってしまった──。

 一般的に、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病の治療に用いられる薬は、重篤な副作用は起こりにくいとされている。だが、専門家は“落とし穴”があると警鐘を鳴らす。ナビタスクリニック川崎の内科医・谷本哲也医師がこう話す。

「薬に『副作用ゼロ』はありえません。仮に飲み始めに副作用が出なかったとしても、体調の変化によって薬の効き方が変わってきた際に副作用が現われることがある。

 また、他の病気が重なって飲み続ける薬の種類が増えることで、体に思わぬ影響が出るケースもあるのです」

 薬による副作用が疑われる症例に関する情報は、厚労省が所管するPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)のホームページで公開されている。冒頭で紹介した事例は、そのひとつだ。

 今回、高血圧、高脂血症、糖尿病の治療薬のなかで、60歳以上の処方量上位(厚労省「第4回NBDオープンデータ 内服薬 外来(院外)」)の薬の死亡例を調査した。表は、専門家の協力のもと、PMDAが公表する副作用による死亡の疑いがあるケースを抽出して掲載したものだ。降圧剤で6種類11事例、高脂血症治療薬で3種9事例、糖尿病治療薬で9種24事例ある。

◆降圧剤を服用した後に「肺炎」「肝炎」で突然死した

 冒頭のケースで処方されていた「オルメテック」は、降圧剤で最も多く処方されている薬だ。男性に発症した「劇症肝炎」とは、肝臓が突然機能しなくなる病気で、意識障害など重篤な症状を引き起こす。

 日本高血圧学会がガイドラインで「第一選択薬」とする降圧剤には4つのタイプがある。報告された症例から分析を進めると、注意すべき疾患に微妙な違いがあることが浮かび上がってくる。

 まず、「オルメテック」は降圧剤のなかでも「ARB」に分類される。銀座薬局の薬剤師・長澤育弘氏が解説する。

「ARBは副作用が少ない薬として知られているにもかかわらず、この患者は不幸にも劇症肝炎を発症して亡くなった。なんらかの理由により、薬を代謝する肝臓に負担がかかり、炎症を起こしたのだと推測されます」

 同じARBの「ミカルディス」の服用後には、60代女性が「劇症肝炎」「急性肝不全」「肺炎」「敗血症」を発症して亡くなったほか、70代男性が「間質性肺疾患」で死亡している。

 やはりARBに分類される「ブロプレス」の服用後にも、「劇症肝炎」による死亡例があるほか、「間質性肺疾患」による死亡例が2例、「高カリウム血症」による死亡例が報告されている。

「間質性肺疾患は、肺組織に無数の炎症が起こり、肺が固くなって呼吸困難に陥り、最終的に死に至る病気です。発症すると空咳が出るのが特徴で、治療が遅れると肺がんに繋がることがある。高カリウム血症は、血中のカリウム濃度が高くなる疾患で、心機能が低下してしまう。突然死に繋がる病気で、発症すると致死率は3割にのぼるとの報告があります」(長澤氏)

 一方、ARBと同様に第一選択薬として処方される「カルシウム拮抗薬」は、血管を収縮させる働きのある「カルシウムイオン」が血管に流入するのを阻害し、血圧を下げる薬だ。

 そのひとつである「アムロジピン」の服用後には、70代男性が「劇症肝炎」「薬疹」を発症して亡くなっている。

 また別のタイプの降圧剤であり、こちらも第一選択薬の「利尿剤」も、比較的安価なため国内で多く処方されている。体内の塩分と水分を排出することで血液量を減少させ、血圧を下げる薬だ。その一種の「ナトリックス」を飲んだ後に、60代男性が「中毒性表皮壊死融解症」で亡くなった例が報告されている。

「この中毒性表皮壊死融解症という疾患は全身に水ぶくれや皮膚のただれなどが生じ、悪化すると全身やけどのような状態になる。薬に対するアレルギー反応により発症するとみられていますが、詳細なメカニズムはわかっていません」(長澤氏)

 降圧剤のタイプによって様々な症例が報告されているわけだが、より注意が必要なのは複数のタイプを同時に服用している場合だ。とりわけ降圧剤は、まず1種類から飲み始め、十分に血圧が下がらなかった場合に2種類、3種類と数を増やしていくケースが多い。

「『カルシウム拮抗薬とARB』『カルシウム拮抗薬と利尿剤』など2つのタイプなら血圧を下げるうえで有効な組み合わせがわかっていますが、3剤以上では降圧効果や副作用について明らかになっていない部分が多い。薬の種類が多いぶん注意しなくてはいけない重篤な副作用は当然、増えることになる。もちろん、高血圧患者は『血圧を下げること』が最優先ですが、少しでも体に異変を感じたらすぐに医療機関を受診してほしい」(長澤氏)

※注/薬剤師・長澤育弘氏の監修のもと、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)が公開する「副作用が疑われる症例報告に関する情報」データベースに掲載された、副作用・有害事象が疑われる症例報告から、被疑薬と死亡との因果関係が否定できないものの死亡事例を抜粋。掲載した医薬品は、厚生労働省「第4回NDBオープンデータ 内服薬 外来(院外)」(2017年4月〜2018年3月)から、60歳以上男性への処方量が多い順。

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)