バリウム検査は『見逃し』の多さが指摘されていたが、既得権のために温存か

記事まとめ

  • バリウム検査は『見逃し』の多さが指摘されており、時代遅れのものとなっているという
  • しかし、バリウム検査を仕事とする人たちの既得権となっており温存されているらしい
  • “検診ムラ”の存在が別の検診方法の普及を妨げている面があるのは明らかだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております