朝食定番メニュー 牛乳→前立腺がん、卵→心臓病のリスク

朝食定番メニューに病気のリスクも 普通の牛乳より低脂肪乳のリスクが大きいと指摘

記事まとめ

  • 健康的な生活に栄養価の高い朝食は欠かせないが、誤った朝食の摂り方をしていることも
  • 気をつけたいのは乳製品で、健康効果がある一方、摂取量次第で病気のリスクになりうる
  • 乳製品の摂取量が1日あたり400g増えるごとに、前立腺がんのリスクが7%上昇している

朝食定番メニュー 牛乳→前立腺がん、卵→心臓病のリスク

朝食定番メニュー 牛乳→前立腺がん、卵→心臓病のリスク

朝食の常識を見直すべし

 朝食を抜くと日中の集中力や活動量が低下することがわかっている。栄養価の高い朝食を摂ることは健康的な生活を送るために欠かせないが、慌ただしい朝はついメニューが偏りがちになる。「パンとスクランブルエッグに牛乳」「ご飯と焼き魚に味噌汁」などと、毎朝の“定番メニュー”が決まっているという人は多いだろう。そのため、間違った朝食の摂り方を続けていると、命取りになりかねない。

 とくに気をつけたいのが乳製品だ。たんぱく質、脂質を多く含み、骨粗鬆症予防や腸内環境改善などの健康効果がある一方で、摂取量次第では「がん発症リスク」になりうる。

 2015年のノルウェー科学技術大学などの共同研究によれば、乳製品の摂取量が1日あたり400g増えるごとに、前立腺がんのリスクが7%上昇した。

 製品別に最もリスクが高かったのはチーズで、1日の摂取量が50g増えるごとに前立腺がんリスクが9%上昇した。同様に低脂肪乳は200gごとに6%、牛乳は200gごとに3%上昇した。

 著書『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』(東洋経済新報社刊)がベストセラーになっている、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)助教授の津川友介医師が説明する。

「乳製品に含まれる飽和脂肪酸を摂りすぎることが、前立腺がんのリスクにつながると、欧米の多くの研究により指摘されています。同研究では、普通の牛乳より低脂肪乳のリスクのほうが大きくなっているが、その原因はまだ特定されておらず、さらなる研究が待たれます」

 低脂肪乳と病気リスクの関連を示した論文は他にもある。米ハーバード公衆衛生大学院などの研究チームが約13万人をおよそ25年追跡した調査では、1日3食分の低脂肪乳製品を摂取する人は、1食分未満の人よりも、パーキンソン病の発症リスクが34%上昇した。

 パーキンソン病は、運動機能に関わる中脳の細胞が減少することで発症する。動作が緩慢になったり、震えが起きるといった軽い症状から、寝たきりのような重篤な症状まで様々。50歳以上に多く、患者は日本に15万人以上いるとされる。元ハーバード大学研究員で、ボストン在住の内科医である大西睦子医師が指摘する。

「乳製品は尿酸値を下げる効果があるが、尿酸値が低くなりすぎるとパーキンソン病の発症リスクが高くなる。完治が難しいパーキンソン病は、まだわかっていないことも多く、この研究からただちに低脂肪乳との相関関係が示されたとは言えませんが、低脂肪乳を多く飲む人は念頭に置いておくべきでしょう」

 コレステロール値との関係が長年議論されてきた「卵」にも、最新の研究結果が発表されている。

 今年3月に米ノースウェスタン大学の研究者らが発表した調査では、1週間に3〜4個の卵を食べると心血管疾患のリスクが6%、全死亡リスクが8%上昇した。前出・大西医師は「この研究は海外でも議論を呼びました」と指摘する。

「現在も米国心臓協会は『1日1個の卵は心臓にとって健康的』として摂取を推奨し、多くの専門医が支持しています。ただし、食べすぎのリスクを指摘している研究が多いのも事実です。卵だけを食べる『卵ダイエット』や、極端に多く食べ続けるのは避けたほうが無難でしょう」

※週刊ポスト2019年12月13日号

関連記事(外部サイト)