「年末ジャンボミニ」 本当にジャンボより当たりやすいのか

年末ジャンボミニは本当にジャンボより当たりやすいか検証 当せん金率はちょうど5割

記事まとめ

  • 年末ジャンボ宝くじには「年末ジャンボ」のほかに、「年末ジャンボミニ」がある
  • すべての賞の平均受取額は、年末ジャンボミニのほうが少しだけ多い仕組みとか
  • 30万円分の宝くじ購入で平均15万円が受け取れるに過ぎず、平均的には半額を失うそう

「年末ジャンボミニ」 本当にジャンボより当たりやすいのか

「年末ジャンボミニ」 本当にジャンボより当たりやすいのか

「年末ジャンボ宝くじ」の売り場(時事通信フォト)

 今年も冬のボーナスで年末ジャンボ宝くじを購入し、一攫千金を狙っている人は多いだろう。宝くじファンならばよく知っていることだが、販売されている宝くじには、「年末ジャンボ」のほかに、「年末ジャンボミニ」がある。2つの宝くじで、当せん金や当せん確率はどう違うのか。そして、どう買いわけたらいいのか──。具体例をもとに、ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が紹介する。

 * * *
 年末の風物詩の1つとして、年末ジャンボ宝くじはすっかり定着している。人気の秘密は、1等の当せん金が他のジャンボ宝くじよりも高額である点に加えて、「今年最後の運だめし!」というキャッチフレーズが師走の人々の心理にうまく刺さっている点にあるのかもしれない。

 よく知られたことではあるが、年末ジャンボ宝くじには、「年末ジャンボ」と「年末ジャンボミニ」の2つがある。「1等前後賞あわせて10億円」のうたい文句で販売されるのは、年末ジャンボ。これに対して、年末ジャンボミニの当せん金の最高額は、1等前後賞あわせて5000万円にとどまる。その代わり、2等以下の当せん本数がジャンボより多い。

 それでは、実際にどれくらい当せん本数が多いのか。2つの宝くじの中身を比べてみよう。

 まず、宝くじの仕組みを簡単にみておく。どちらの宝くじも、1枚300円で買える。くじに印刷されている番号は100000〜199999の10万通りで、これが1つの組となる。

 年末ジャンボは、01組〜200組までの2000万枚が1ユニットとなる。この1ユニットの中から、当せん金額7億円の1等が1枚当せんする仕組みだ。1等のほかにも、1等の前後賞、1等の組違い賞、2等、3等、4等、5等、6等、7等、年末ラッキー賞がある。

 一方、年末ジャンボミニは、01組〜100組までの1000万枚が1ユニットとなる。この1ユニットの中から、当せん金額3000万円の1等が4枚当せんする仕組みだ。そして、そのほかに、1等の前後賞、2等、3等、4等、5等、6等がある。年末ジャンボミニには、1等の組違い賞、7等、年末ラッキー賞はない。

 こうしてみると、年末ジャンボミニは、年末ジャンボに比べて1等の当せん金がかなり小さく、当せんする賞の種類も限られており、なんだか魅力が乏しいように見えるかもしれない。

 そこで、2つの宝くじを別掲の表にまとめて比較してみた。

 たとえば、2つの宝くじに、それぞれ30万円を支払って1000枚分ずつを買ったとしよう。

 300円と3000円の当せん金は、年末ジャンボなら7等と6等。年末ジャンボミニなら6等と5等に相当する。どちらの宝くじでも、購入した1000枚に当せん確率0.1と0.01をかけて、平均的に100枚と10枚の当せんが出る。

 1万円の当せん金は、年末ジャンボなら5等で平均2枚。年末ジャンボミニなら4等で平均3枚当せんする。年末ジャンボミニのほうが、平均的に1枚多く当せんするわけだ。

 2万円の当せん金は、年末ジャンボの年末ラッキー賞だけで、平均0.1枚当せんする。1万円の当せんでいえば0.2枚に相当するが、2つの宝くじを比較する上では大きな影響はない。

 10万円の当せん金は、年末ジャンボなら4等か1等の組違い賞で、あわせて平均0.10995枚。年末ジャンボミニなら3等で平均0.3枚当せんすることになる。年末ジャンボミニのほうが、平均的に0.19枚以上多く当せんする。この差は、1万円の当せんでいえば1.9枚に相当しており、あなどれない。

 100万円の当せん金は、年末ジャンボなら3等で平均0.005枚。年末ジャンボミニなら2等で平均0.01枚当せんすることになる。年末ジャンボミニのほうが、平均的に0.005枚多く当せんする。この差は、1万円の当せんでいえば0.5枚に相当するため、やはりあなどれない。

 1000万円の当せん金は、年末ジャンボなら2等で平均0.00015枚。年末ジャンボミニなら1等の前後賞で平均0.0008枚当せんすることになる。年末ジャンボミニのほうが、平均的に0.00065枚多く当せんする。この差は、1万円の当せんでいえば0.65枚に相当するため、これもまたあなどれない。

 このように、1000万円までの当せん金でみれば、平均的な当せん枚数や当せん金額は、年末ジャンボミニのほうが年末ジャンボよりも多い。

 さらに、すべての賞の平均的な合計受取額でみても、年末ジャンボは14万9495円なのに対して、年末ジャンボミニは15万円ちょうどとなる。年末ジャンボミニのほうが、505円分だけ、当せん金が多く返ってくることになる。

 まとめると、1000万円までの当せん金でみれば、年末ジャンボミニのほうが年末ジャンボよりも当たりやすく、すべての賞の平均受取額も年末ジャンボミニのほうが少しだけ多い仕組みとなっている。

 ただし、いくら平均受取額が多いといっても、30万円分の宝くじを購入して、平均15万円が受け取れるに過ぎない。平均受取額を購入額で割り算した当せん金率はちょうど50%。平均的には、宝くじ購入額の半分は失ってしまうことになる。

 このようにみていくと、宝くじに深くのめり込んで「今年こそ絶対に儲けよう」などと思うのは、確率的には容易ではないといえるだろう。

 年末ジャンボで一攫千金を狙うのは夢のまた夢。年末ジャンボミニで1万円や10万円のおこづかい稼ぎを狙ってみる──くらいの意識で気楽に購入したほうがよいように思われるが、いかがだろうか。

関連記事(外部サイト)