二股愛を繰り返しながら3児の母となった愛子41歳の結婚観

二股愛を繰り返しながら3児の母となった愛子41歳の結婚観

結婚の過程もさまざま

 年の差婚、事実婚、同性婚もある時代。結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ、今回は二股を繰り返しながら結婚に辿り着いた愛子の場合。

 * * *
◆絶対結婚できない、と言われていた

 まもなく2歳になる娘を抱き、2人の幼児の手を引きながら、愛子さんは現れた。現在41歳、3児の母である。弘中綾香アナウンサー似の人懐こい笑顔を見ると、実年齢より2つ、3つ、若く感じられる。とはいえ平日は短時間勤務で働くワーキングマザーだ。大変な日々を送ることは容易に想像がつく。

「毎日ぐったりです。でも、必要とされて、目の前のことに邁進する日々をとても気に入っています。私が3児のママになって子育てを楽しんでるなんて、周囲も驚いてますね」

 と、愛子さんが笑うのには理由がある。彼女は34歳で結婚するまで、自他共に認める恋愛体質だったからだ。

「絶対結婚できない、と親しい友人にも言われていたし、たぶん、影でも言われていました。でも、私自身は、35歳までには結婚する気まんまんだったし、実際にしました。デキ婚ではないんです。22歳から付き合ってきた会社の同期と、まあ、途中少しは紆余曲折あったけれど(笑)、結婚しました」

 初めて付き合ったのは中学3年生の時で、以来、彼氏がいないことはなかったという。それどころか、社会人になってからは、1人と付き合っていた期間はほとんどなかったという。つまり、彼氏がいても、常に浮気相手がいた。表現を変えるなら、同時に2人、時に3人と付き合っていた。そんな愛子さんがどのように結婚に至ったのか。

◆好きという気持ちに序列はない

 夫となった秀(しゅう)さんとの出会いは入社式だった。大手通信会社の同期のなかで、地方大学出身の秀さんは、「イケメンなほうだけど垢抜けない感じがあった」と、東京生まれ、東京育ち、東京の有名私立大学を卒業した愛子さんは振り返る。

 入社後、愛子さんには他の同期や職場の先輩、飲み会などで知り合った男性たちからもアプローチがあったが、すぐに秀さんと付き合うことを選び、告白した。

「その頃、大学時代から付き合っていた彼氏と遠距離恋愛になり、別れ話になっていたんです。私は彼氏が近くにいないとダメなタイプ。で、秀くんよりカッコいい人は周囲にいたけれど、いちばん安心できる感じがあったんですよね」

 愛子さんのスタンスは常に自分から。告白されたことはあるけれど、告白されて付き合ったことはない。「女から行けば、だいたい上手くいくんじゃないかなあ。フラられたことはあるけれど、成功体験もあるので、傷ついても一瞬です(笑)」。いいなと思う人に自分から告白して、相手を振り向かせる。これほどの快感はないと、愛子さんは力を込めた。

 大らかで、細かいことを気にしない秀さんとの付き合いはラクだった。実家暮らしの愛子さんにとって、秀さんが会社の近くで一人暮らしをしている点も好都合だった。

「仕事が忙しかったので、平日はよく彼の家に泊めてもらいました。うち、遠いんですよ。母子家庭で育って、母は私の恋愛に一切口を出さないんですが、結婚するまで一人暮らしはしないでおこうと決めていたんです。やっぱり母が淋しがるかなと思って」

 交際はいたって順調。にもかかわらず、愛子さんにはもう一人、好きな人ができた。職場の6つ上の先輩だった。物腰が柔らかくてスマートな先輩は、仕事ができ、愛子さんのよき相談相手だった。

「あるとき、私がお客さん相手に大きなミスをしたんです。そのとき、叱られると同時に支えてくれたのが先輩でした。以来、付き合うようになって……、まあ、二股ですよね。秀くんは安心できて、一緒にいて気楽なタイプ。一方先輩は、ちょっと気を遣うけど、尊敬できる人。違う魅力があるんです。旅行好きで、いろんなところに連れていってもらいました。ただ、秀くんから電話がかかってくるかもしれないから、携帯だけは肌身離さず持っていましたね」

 先輩には秀さんとの付き合いは隠していた。愛子さんにとって先輩は一時的な浮気だったということか?

「うーん……、私、好きという気持ちに序列はないというか、同じくらい好きなんです。だから、裏切っている気持ちもなくて。ただ、付き合いの長さとか、人間的に気が合うとか、恋愛感情以外の部分を含めると、秀くんのほうが上回るという感じですかね」

 だからこそ、破局が訪れたのは、先輩から結婚を迫られた時だった。

「その時によくよく考えて、結婚するなら秀くんだと思って、先輩とは別れました」

◆予定が埋まっていないと不安になる

 その後、異動した愛子さんは、40代の職場の上司と不倫をするようになる。愛子さんのキャリアアップをサポートしてくれる上司だった。

「見た目はどこにでもいるおじさんなのですが、私には必要だったんです。2、3年は付き合いましたね。私はあまり仕事ができないから、自分を親身に支えてくれる人が近くにいないと不安だったのかもしれません。ただ、付き合いが長くなるうちに、どちらかというと体だけの関係になっていきました。秀君はもともと淡白なほうで、さらに家族みたいになっていたから、上司との付き合いが新鮮だったのかも。出張先で一緒の部屋に泊まったのを、社内の人に見られてバレてしまったので、関係を解消しましたが」

 愛子さんの二股は、秀さんでは埋められない何かを別の人で埋めようとする繰り返しだったようだ。その根源にあるのは、貪欲さか? あるいは淋しさか? 愛子さんはこう振り返る。

「秀くんはサーフィンとかゴルフとか、男友達との趣味が多かったので、私と遊べない日もけっこうあるわけですよ。私は予定が埋まっていないと不安になるタイプなので、二人と付き合っていてちょうどいいくらいでした。体力あるんです、私」

 愛子さんは他にも、お客さんや仕事先で出会った人などと、深い仲になったこともあった。すべて、秀さんとは全く別のタイプや、年齢層だったという。そんななかでも、秀さんに対して罪悪感はなかったと言い切る。なぜなら「秀くんは秀くんで本当に好きだから」。それが愛子さんの倫理観のようだ。

 付き合いが10年以上になっても、秀さんと二人でいるときの心地よさは変わらなかった。そしてもう一つ、愛子さんと秀さんを繋ぎ止めていたものがあった──秀さんの母親である。

「ある日、地方から彼のお母さんが遊びに来たんですが、秀くん、急な仕事が入ってしまったんです。で、私が東京案内したら、気が合って。うちの母とは真逆の、田舎のやさしいおばちゃんという感じの人。以来、秀くん抜きで、二人で電話したり、遊ぶようにもなりました。秀くんの家は男兄弟なので、女の私を可愛がってくれたんでしょうね」

◆皆が恋愛する必要もないし、二人も三人も好きになる人間がいてもいい

 愛子さんが35歳までに結婚したいと思っていた理由もまた、家族だった。愛子さんは6歳の時に父親を事故で亡くしている。母親は仕事で常に忙しく、愛子さんは淋しい思いをすることが多かった。ゆえに、家族を持ちたいという思いは人一倍強かったという。

 一方で、好きな人と気ままな独身生活を謳歌する日々を捨てる決心がつかなかった。そんな愛子さんの背中を押したのは、秀さんの両親だった。

「頭を下げられたんです、秀くんの両親に。ちょうど35歳前だったし、潮時かなと。で、秀くんには私からプロポーズしました。『籍、入れたい』と。ちょっと驚いていたけど、子供産んでね、とだけ言われました。彼もそろそろと思っていたんでしょうね、年齢的に。私以外が見つからなかっただけかもしれないけど(笑)」

 収まるべきところに収まったと言うべきか。実は結婚まで、愛子さんはピルを飲んでいた。それは愛子さんなりのリスク管理であり、人生計画だった。かつての恋愛への情熱は、母となったいま、子供への愛情へと転換されたのだろうか。

「そうですね。まさか3人産むとは思ってなかったですが、彼が子供好きなので。仕事もしているし、家でも息つく暇はないし、日々、自分の全エネルギーを使い果たしている感じです。子供たちが大きくなったらわかりませんけれどね……」

 と、最後に遠くを見つめた。

 愛子さんは、自分は人を好きになる沸点が低いのだと分析する。また、身体的な接触へのハードルも低いほうだという。そういう意味で、一人を愛し続けることになっている結婚制度には、疑問を感じるという。と同時に、皆が恋愛をする必要もないと思うと話す。

「最近の若者は恋愛しなくなったといわれますが、私からすると、誰か一人を好きになって付き合ったり結婚するのって、皆ができることじゃないと思うんですよね。私の親友は昔から全く恋愛に興味がなくて、趣味に生きている人。そういう人がいていいし、だから、私みたいに二人も三人も好きになる人がいても、許してほしいなと思います」

関連記事(外部サイト)