過剰診断で命を奪わない「ニセがん」発見 前立腺がん半分以上は「ニセがん」の見方も

記事まとめ

  • 京都大学の医学博士は命を奪わない病変を「ニセがん」と呼んでいる
  • 命を奪わない『がんに似た病変』を見つける『過剰診断』が多いことを意味するという
  • 検診で『ニセがん』をたくさん見つける事で、新規患者の水増しが行なわれていると話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております