アンチエイジングでなく治療する「キュアエイジング」の時代へ

アンチエイジングでなく治療する「キュアエイジング」の時代へ

若返りは可能なのか

「きんは100才、ぎんも100才」というフレーズで“お茶の間のアイドル”となった100才の双子「きんさん、ぎんさん」がテレビに登場したのは、およそ30年前のこと。その当時は、きんさんとぎんさんのように100才まで生きることは日本人の憧れだった。

 しかし昨今、めざましい医療の発展によって、「百寿者」「センテナリアン」と呼ばれる100才以上の長寿者が急速に増えている。総務省の住民基本台帳によると、1963年は全国でたった153人だった百寿者が、1998年に1万人を超え、2019年には7万1278人と発表された。そのうち、6万2775人が女性だという。

 当然、平均寿命も伸び、厚生労働省「平成30年簡易生命表」によると、男性は81.25才、女性は87.32才と男女とも80才を超えている。

 日本のみならず、世界で課題となっているのは、高齢期を“健康的に”生きること。

 医療の進歩において「長寿」の夢を着実にかなえた人類は、「若返り」という課題へ本格的に挑戦する時代に突入しており、世界の一部の研究者の間では、「老化は治せる」という考えが広まっている。

 銀座ソラリアクリニック特別顧問で医学博士の古賀祥嗣さんはこう話す。

「“人生100年時代”で必然的に多くの人が長生きになってしまうこれからの時代、“老化に抗う”従来の『アンチエイジング』以上に、“老化を治療していく”『キュアエイジング』という発想が健康寿命を延ばす意味では絶対に必要でしょう」

 英国のリンダ・グラットン教授は2007年に日本で生まれた子供の半数が107才まで生きると推測している。人類の最大の夢であり、“タブー”ともいわれる「若返り」は、どこまで現実に近づいているのだろうか。

◆「iPS細胞」は“究極の若返り”技術になる!?

 まずは、研究者たちが目指す「若返り」とは、どのような現象なのかを知っておきたい。京都大学大学院生命科学研究科教授の石川冬木さんは、こう解説する。

「細胞組織、皮膚、脳、筋肉など、体を作るすべての『臓器』は加齢とともに機能が衰えていきます。その結果、生命の維持ができなくなることを『老化』といいます。『若返り』とは、加齢に伴う全身の臓器の機能低下のスピードがゆっくりとなって、命を落とすまでに至る時間が長くなること、つまり“寿命が長くなる”ことを指します」

 年齢を重ねるごとに細胞には有害な老廃物が蓄積される。そのため、臓器の働きは低下してしまうのだが、根本的な理由は遺伝子にあるという。順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学教授で日本抗加齢医学会理事長の堀江重郎さんはこう話す。

「人間は、卵子と精子が受精した瞬間から、一生、同じ遺伝子を持ち続けます。遺伝子は主にたんぱく質を作っているのですが、その作業を行う際に、紫外線や活性酸素によって絶えず傷がついて劣化していく宿命にある。本質的な『アンチエイジング』というのは、遺伝子が傷つくのを防ぐことなのです」

 現代の医学において、最も高度な若返りのための医療技術といわれるのが、遺伝子を操作する「ゲノム編集」、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授が主導する「iPS細胞」をはじめとした「再生医療」だ。iPS細胞は、これまで不可能とされてきた分化(受精卵が分裂して特定の臓器の細胞となること)後の細胞を分化前に戻すことから、“究極の若返り”とも評価されている。

 まだ研究段階の技術だが、将来的にさまざまな治療で応用される日が実現すれば、それは「若返り」へ大きく躍進したと言っても大げさではないだろう。

※女性セブン2020年1月2・9日号

関連記事(外部サイト)