東日本「健康長寿の神さま」 目・耳、痔、がん封じ等の神社

東日本「健康長寿の神さま」 目・耳、痔、がん封じ等の神社

川越八幡宮は「目の神」

 初詣の祈願は「無病息災」「健康長寿」などが定番だが、日本の各地には「身体の悩み」をピンポイントで助けてくれる神々がいる。新しい1年の始まり、健康不安を抱える人は、それぞれの専門医ならぬ“専門神”を訪ねてみてはいかがか。ここでは東日本の「健康長寿の神さま」を祀る神社を紹介しよう。

◆医薬の祖が祀られる「目の神」/川越八幡宮(埼玉)

 老眼に白内障、緑内障など年を重ねると増える「目」の不調。江戸の城下町として栄えた埼玉県の川越八幡宮には目にご利益がある神が鎮座する。目を象った境内のオブジェが目印だ。

「1030年創建の歴史ある神社ですが、目の神様をお祀りしたのは2011年からです。樹皮を煎じて目薬として使用すると眼病に効果があるとされた『メグスリノキ』が境内にあったことから、眼病平癒の神様として知られる大国主命と少彦名命を祀り目の神様としました」(榊原祥光・禰宜)

 大国主命と少彦名命は薬を広めた神様とされ、「医薬の祖」とも言われる。この「目の神様」を何度か参拝した70代女性は、「最近、加齢黄斑変性症にかかってしまい、治すのが難しいと聞いて神様にお願いに来ました」と語る。

 禰宜の榊原氏によると、白内障や緑内障などの手術前に訪れる40代以上の参拝者が多いという。令和2年元旦から1月31日まで、通常非公開の本殿扉を開けての新春特別祈祷が行なわれる。

◆看板も標識もない“隠れ神”「いぼ取りの神」/田戸神社(愛知)

 宇治神社から伊勢湾を挟み直線距離で約50km、菜の花の名所として知られる愛知・渥美半島の突端にある田戸神社は、別名「いぼ神社」と呼ばれる。

「参拝時、本殿に敷き詰められた玉石(丸い石)を一つ持ち帰り、体にできたいぼを毎日擦っていただきます。願いが叶っていぼが取れたら、近くの『西の浜』で丸石をいくつか拾い、返していただくのがしきたりです」(山本拓生・宮司)

 16世紀半ば、地元の漁師が西の浜に流れ着いた祠を祀ったのが縁起とされるが、「いぼ取り」祈願がどのように始まったかは不明だ。田戸神社は周囲に看板も標識もない「隠れ神」だが、ご利益を知った遠方からの参拝者が多い。

◆千代姫の悲しき物語に由来「耳の神」/耳守神社(茨城)

 茨城県小美玉市にある耳の神様は、その名も耳守神社という。近くの素鵞神社宮司で耳守神社の祭事を手伝う木名瀬尚孝氏に由来を聞いた。

「平安時代、平将門の縁戚の千代姫が幼少期に耳を悪くし、その父が熊野神社に断食しながら願掛けをしたところ良くなった。だが、姫の病はその後悪化し、不治の病に。死期を悟った姫は『自分が死んだら里の人々を耳の病から守りたい』と、神社を建てるよう言い残し息を引き取ったそうです。その遺言通りに建てられたのが耳守神社です」

 12月1日の例祭には、「祈願後に難聴が改善した」と10年以上前からお礼参りに訪れている70代の夫婦の姿も。KinKi Kidsの堂本剛が突発性難聴を公表した2017年には、治癒を願う多くのファンがお参りに訪れたという。

◆お礼参りはひっそりと……「痔の神」/國神神社(栃木)

「じかたまじない」「むけっついたち」「けつぴたし」……これらは栃木県にある「痔の神様」國神神社にまつわるキーワードだ。

「文献もなく詳細は不明ですが、数百年前、國神神社の神主が旅の僧侶に宿を提供し、そのお礼に僧侶から痔の病を治す祈祷を伝授されたのがきっかけで、『じかたまじない』が始まりました」(國神神社を管理する八雲神社の小堀真洋・宮司)

 旧暦の6月1日=「むけっついたち」、つまり血がない日に、「じかたまじない」は行なわれる。ゆで卵を持ち寄り、祈祷した上で食べると痔が治ると言われるが、その所作が実にユニークだ。

「卵形のオブジェにお尻を向け、上下に動かして『けつぴたし』と3回唱え、お供えしたゆで卵を持ち帰ります。『けつぴたし』とはもともと、那珂川の水でお尻を洗い清める行為のこと。現在の所作はこれを簡素化した意味があるものです」

 なぜゆで卵なのかは不明だが、昔から栄養価の高い食品として知られていたからではないか、という。

「お礼参りに来られる方も多いようですが、患部の場所が場所だけに、ひっそり見える方がほとんどのようです」(同前)

◆患者の口コミで広まった「がん封じの神」/烏森神社(東京)

 東京・新橋駅のすぐ近く、繁華街に鎮座する烏森神社。参道には小体な居酒屋が並び、サラリーマン憩いの街の風景の一つとなっている。この烏森神社が、最近、「がん封じ」の神様として脚光を浴びている。

「江戸時代の明暦の大火の際にこの神社の一帯だけ焼け残ったという言い伝えから、御祭神である倉稲魂命ら三柱の『止める力』『抑える力』が強いと言われています。それがいつからか、病気の進行を止め、抑える力に転じてがんなどの病気にもご利益があるとされています」(山田邦夫・宮司)

 前出の坂原氏はこういう。

「タレントの堀ちえみさんが舌がんを公表後、参拝していると話したことがきっかけで、烏森神社は“がん封じ”の神社として注目されるようになりました」

 新橋周辺には病院が多く、患者同士の口コミで参拝に訪れる人も多いそうだ。

「快方に向かった方のお礼参りや、がん封じを祈願される高齢の方々もいらっしゃいます」(同前)

 12月31日まで「年越大祓特別御朱印」を授与。

◆歌手・声優も訪れる「喉・風邪の神」/三輪里稲荷神社(東京)

 同じく東京・墨田区の三輪里稲荷は、「のどけ」──喉の不調や風邪にご利益があるとされる。

「江戸時代初頭、出羽三山の修験者・大日坊が大畑村(当時)の総鎮守として羽黒大神の分霊を勧進したのが三輪里稲荷の始まりとされます。喉や風邪のご利益は、かつてインフルエンザのような疫病が流行した際に、修験者がこんにゃくを煎じたものを飲ませて疫病を鎮めたことがきっかけで広まりました」(花見桂子・宮司)

 三輪里稲荷は別名、「こんにゃく稲荷」とも呼ばれる。

「2月初旬の初午の日に、湯殿山秘法の『こんにゃく御符』をお授けしています。竹串にこんにゃくを刺した田楽のような御符ですが、これを竹串ごと煎じて、そのお湯を飲むと喉や風邪などの病に良いとされています」(同前)

 参拝者の中には、歌手や声優の喉の病気の平癒を願って訪れるファンも多い。正月には「令和二年正月限定御朱印」を頒布。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

関連記事(外部サイト)