薬と食品の「危ない組み合わせ」にグレープフルーツや納豆

薬と食品の「危ない組み合わせ」にグレープフルーツや納豆

果物は身体に良さそうだが…

 年齢を重ねるほど、生活習慣病などの薬を服用する機会や、その種類が増える。だが、いつも飲んでいるその薬が突然、思わぬかたちで健康を害する瞬間がある。それが「食後」だ。

 銀座薬局の薬剤師・長澤育弘氏が指摘する。

「口から入った薬は胃で溶け腸で吸収され、肝臓で分解されて全身に行き渡ります。その際、同じタイミングで体内に入った食べ物や飲み物が影響して薬の作用が強くなったり、弱くなったり、想定外の作用が出たりすることがあります。これらを『相互作用』と呼びます」

 医療機関を受診した際に「薬+薬」の危ない組み合わせは注意深くチェックされる一方、「薬+食べ物」や「薬+飲み物」は日常生活に溶け込んでいて、見逃されるケースもある。

 では、思わぬリスクを招く薬と食品の「組み合わせ」には何があるか。薬との組み合わせで警戒すべきは、グレープフルーツだ。グレープフルーツはビタミンCが豊富で、風邪の予防や疲労回復に効果があるとされる一方、小腸での代謝機能を阻害して、薬の効果を増強させてしまう。

「降圧剤のカルシウム拮抗薬と一緒に摂取すると、血圧が下がりすぎます。スタチン系の高脂血症剤と併用すると肌がガサガサになったり、副作用の横紋筋融解症が出やすくなります。ED(勃起不全)治療薬で火照り、頭痛、射精障害といった副作用が出ることもあります」(長澤氏)

 さらに注意したいのがグレープフルーツジュースだ。

「小腸の代謝を阻害する物質は、グレープフルーツの果肉より皮に百倍以上多く含まれるため、他の食材や飲み物より格段にリスクのレベルが高い。しかもグレープフルーツジュースは飲んでから3〜4日ほど相互作用が起きうる状態が続く場合もあるので、その間に飲んだ薬にも影響します」(長澤氏)

 健康にいい食品のイメージが強い納豆も、特定の薬とセットになると健康を害する怖れがある。

「血栓ができることを防ぐ抗凝血薬に含まれるワルファリンは、血液を固まらせる働きがある『ビタミンK』の働きを阻害する作用を持ちます。しかし、納豆菌は腸内で大量のビタミンKを生み出すため、抗凝血薬の効果を打ち消してしまいます」(長澤氏)

 薬の作用を「減弱」する食べ物を摂取すると、もともとの疾患が治りにくくなる可能性がある。これまで気にせず口にしてしまっていた場合、まずはその食べ物を控えて様子を見て、状況に応じて医師に相談する。また、余計なリスクを避けるため、「薬は水で飲む」を徹底したい。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

関連記事(外部サイト)