抗うつ剤とサプリの併用で不安に… 注意すべき処方薬の併用例

抗うつ剤とサプリの併用で不安に… 注意すべき処方薬の併用例

処方薬とサプリを一緒にのむ際に注意すべきなのは

「薬やサプリメントは、のめばのむほど体にいい」──というのは、大きな間違いだ。不適切な組み合わせで薬とサプリを併用すると、効果が打ち消されたり、まさかの不調を起こしたりすることもあるのだ。

 そこで、『抗うつ剤』『心不全治療薬』『抗菌剤』『喘息の薬』について、処方薬とサプリメント・健康食品の危険な組み合わせを紹介する。

※監修/生田哲さん(薬学博士、米カリフォルニア大学など海外の研究機関で生命科学の研究にあたる)

◆『抗うつ剤(SSRI、SNRI)』と組み合わせると危険なサプリメント・健康食品

『セントジョーンズワート』
 併用することで脳内のセロトニンの作用が増強され、気分が不安になる「セロトニン症候群」に。下痢、震え、発熱、発汗などの副作用が起こる危険性もある。

『リチウム』
 気分がさえる効果が謳われるリチウムを抗うつ薬と併せて摂取することで、脳内物質のセロトニン分泌量が過剰になり、発熱や心臓発作などが起きると指摘されている。

◆『心不全治療薬(ジゴキシン、メチルジゴキシンなど)』と組み合わせると危険なサプリメント・健康食品

『ビタミンD』
 ビタミンDはジゴキシンの作用を増強することがあると指摘されており、その結果、嘔気・嘔吐・不整脈など「ジギタリス中毒」と呼ばれる副作用が強く表れることがある。

『カルシウム』
 相乗効果によって血中カルシウム値が上昇し、薬の作用を増強することがある。ビタミンDと同じくジギタリス中毒の症状が表れる可能性がある。

『トクホ(おなかの調子を整えるもの)』
 トクホの作用によってジゴキシンが吸収されにくくなる可能性があり、薬の効果を弱めてしまう。

◆『心不全治療薬(利尿薬全般)』と組み合わせると危険なサプリメント・健康食品

『カンゾウ』
 体内のカリウムの量を減少させるため、低カリウム血症になり、不整脈が起こったり、まひや脱力感を感じることが。

◆『抗菌薬(デメチルクロルテトラサイクリン塩酸塩など)』と組み合わせると危険なサプリメント・健康食品

『ビタミンA』
 薬の成分とビタミンAの働きが影響を及ぼしあって、頭蓋骨内の圧力が高まり、激しい頭痛が起こる可能性があることが指摘されている。

『カルシウム、亜鉛』
 サプリメントの成分が胃の中で抗菌薬と結びつき、薬の吸収を妨げてしまい、効果を弱めてしまう。

◆『喘息の薬(テオフィリン)』と組み合わせると危険なサプリメント・健康食品

『カフェイン』
 併用すると中枢神経を刺激する作用が増強され、頭痛・不眠・意識障害などの副作用が出る可能性が。また、カフェインの作用でテオフィリンの体内代謝を抑制し、効き目が弱まる場合がある。

『セントジョーンズワート』
 併用するとセントジョーンズワートの含有する薬物代謝酵素の働きでテオフィリンの効き目を弱めてしまうことがわかっている。低用量ピルでも同様のリスクが確認されており、服用には注意が必要。

※女性セブン2020年1月16・23日号

関連記事(外部サイト)