胃の内視鏡検査 バリウム検査より胃がん発見率3倍も

胃の内視鏡検査 バリウム検査より胃がん発見率3倍も

バリウム検査可にも重大リスクがある(時事通信フォト)

 日本人男性の罹患数第1位の胃がん。造影剤のバリウムを飲みほした後、全身を検査台に固定されてグルグル回転させられる胃部X線検査(バリウム検査)が定番だ。しかし、バリウム検査には、見落としではなく「検査自体が原因で死に至るケース」がある。

 日本消化器がん検診学会の報告によれば、2014年度に実施されたバリウム検査のうち死亡例が2件ある。1件は88歳の男性が腸閉塞を起こしたことが、もう1件は大腸の一部に穴があく穿孔(せんこう)が原因だとされている。NPO法人医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師が指摘する。

「検査後にバリウムがきちんと排泄できなかった場合に起こりうる症状だ」

 2015年5月には、バリウム検査を受けた50代の女性が、検査台が傾斜した際に台から転落。台と壁に頭を挟まれて死亡する事故が起きている。

 また、バリウム検査は発見率も低い。厚労省の「地域保健・健康増進事業報告」(2016年度)によると、1年間で13万人発生する新規の胃がん患者のうち、自治体のバリウム検査で見つかるのはわずか4500人に過ぎない。

「バリウム検査で撮影する胃の画像は不鮮明で、がんの有無を判断するのは至難の業です。しかも肺がんX線の数十倍、あるいはそれ以上の被ばく量があったりと、検査自体のリスクも大きい」(上医師)

 胃がん検査の選択肢としてバリウム検査しかないなら仕方ないが、より高い精度で調べる検査が存在する。内視鏡検査(胃カメラ)だ。

「胃カメラは画像診断の精度が高く、直接胃の組織を採取して病理検査を行なうこともできます」(上医師)

 2003年から胃がん検診で胃カメラが選べるようになった新潟市では、内視鏡検査の胃がん発見率がバリウム検査の3倍になった。

 現在は自治体が実施する胃がん検診でも、50歳以上なら胃カメラを選択できるようになりつつある。選択肢があるなら、胃カメラを選んだほうが良い。

 男女全体で最も患者数が多い大腸がん。早期に発見すれば治癒可能で、ステージIの5年生存率は97.6%に達する。

 それゆえに検診が重要となる。大腸がん検診で一般的なのは、便の表面を擦って採取した検体を医療機関に提出する便潜血検査(検便)だ。

「がんやポリープが原因で生じた出血の有無を調べる検査です。ただし出血がなかったり、少なかったりすると検知しにくく、大腸がんのうち1〜3割を見逃してしまうとの調査報告があります」(上医師)

 こうしたリスクを回避できるのが、肛門から挿入したカメラで腸内を直接観察する大腸内視鏡検査だ。

「便潜血検査に比べて体の負担は増しますが、検査の精度は上昇します。50歳以上になったら、一度は大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします」(上医師)

 内視鏡検査でポリープが発見された場合、悪性化する前に切除すれば、大腸がんを未然に防げる。がんの早期発見にも予防にも役立つことが大きな魅力だ。

※週刊ポスト2020年1月31日号

関連記事(外部サイト)