明智光秀はなぜ本能寺の変を起こしたのか、本郷和人氏解説

明智光秀はなぜ本能寺の変を起こしたのか、本郷和人氏解説

大河ドラマでは長谷川博己が光秀を演じる(写真/AFLO)

「本能寺の変」の首謀者である明智光秀を主役にしたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が始まった。光秀は、なぜ本能寺の変を起こしたのか。『東大教授がおしえる やばい日本史』などベストセラーを連発する歴史学者の本郷和人氏が、光秀の真実をわかりやすくレクチャーする。

 * * *
 光秀がなぜ本能寺の変を起こしたのか──。「朝廷黒幕説」や、信長が光秀と縁の深い長宗我部元親を攻めようとしたからという「四国原因説」など様々な説が出ていますが、歴史学者の立場から言えば「動機」を探ることにあまり意味はない。それはあくまでフィクション、小説の領域の仕事です。

 その前提の上であえて言うとすれば、「光秀は信長の天下統一後の自分の処遇に不安を抱いていたのではないか」ということですね。

 信長は息子たちのために、次世代の織田政権を盤石にする準備を着々としていたはずです。それを見て、光秀らオールドパワーは「もう俺たちはお払い箱になるのではないか」と思ったかもしれません。信長の抜擢主義は諸刃の剣であって、役に立つならいくらでも引き立てるが、不要となれば切り捨てられる。

 実際、佐久間信盛や林秀貞などの重臣が追放されています。それを見て、光秀ばかりでなく家臣の多くが「次は俺か」と思っていたでしょう。

 それよりも興味深いのは、光秀は本能寺の変の「後」をどう生き抜こうと考えていたかということです。

 よく「明智の三日天下」と言われますが、それは光秀にとって不本意な結果だったのは間違いない。きっとその後のプランも練っていたはずです。

 光秀は(信長にとって重要な)京を抑えている。信長のように全国統一を狙わなくても、近畿さえまとめれば家臣を路頭に迷わせることはないと踏んだのではないか。

 本能寺の変の後に、光秀が細川幽斎にあてた書状があります。そこには、「自分は私利私欲で信長を討ったのではなく、(幽斎の子の)忠興らを取り立てたいがためである。近国を平定したのちは息子や忠興に譲って引退しようと思う。だから味方になってください」と書いてある。

 これは細川を味方につけるための方便でしょう。切羽詰まった時、人間は何だって言いますからね。

 でも、光秀の娘のガラシャが嫁ぎ、血縁を通じた盟友でもあった細川幽斎・忠興父子が同調しなかったことは大きな誤算でした。縁の深い細川がつかないのでは、明智につくのはやめようかという流れが広がったのではないでしょうか。

【プロフィール】ほんごう・かずと/昭和35(1960)年、東京都生まれ。東京大学、同大学院で石井進氏、五味文彦氏に師事し日本中世史を学ぶ。著書に『上皇の日本史』(中央公論新社刊)、『承久の乱』(文藝春秋刊)、『乱と変の日本史』(祥伝社刊)、『東大教授がおしえる やばい日本史』(ダイヤモンド社刊)など。

■構成/内田和浩

※週刊ポスト2020年1月31日号

関連記事(外部サイト)