飼い犬・猫の合計数は減少傾向も獣医師数は増加 無駄な治療を懸念も

記事まとめ

  • 飼い犬と飼い猫の合計数は減少傾向にあるが、動物病院数も獣医師数も増え続けている
  • ニーズ減少を前に、“今のうちに稼いでおかないと”と考える獣医がいるのも事実という
  • 飼い主の無知などにつけ込んでいるとしか思えない、無駄な治療が少なからずあるらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております