東大がん専門医のがんにならない習慣、貧乏ゆすりや日光浴

東大がん専門医のがんにならない習慣、貧乏ゆすりや日光浴

東京大学医学部附属病院の放射線科准教授の中川恵一医師(日本対がん協会提供)

 日本人の死因1位のなったがん。がんについての知識を学ぶ上で大いに参考になるのが、東京大学医学部附属病院の放射線科准教授である中川恵一医師が上梓した『知っておきたい「がん講座」リスクを減らす行動学』だ。中川氏は一昨年に膀胱がんが見つかった。それ以降、より「がんリスク」についての研究を深めてきたという。中川氏に「がんにならない習慣」を聞いた。

 * * *
◆日本は「がん教育後進国」

 現在、日本では「がん時代到来」と言われ、年間のがん死亡者数は増加の一途を辿っています。しかし、欧米に目を向けると、がん死亡者が減少に転じていることをご存じでしょうか?

 この差が生じる原因は、健康や医療の知識(ヘルスリテラシー)の差だと私は考えています。例えば米国では、国の疾病予防管理センターが定めた保健教育に関する学習目標があり、高校卒業までに病気の予防、健康リスクの管理術を学びます。一方、日本では、がんに関する知識を習う機会はほとんどありませんでした。

 そこで2017年以降、日本でも中学・高校で「がん教育」が学習指導要領に盛り込まれるようになりました。私も文科省のがん教育に関する委員を務めました。

 しかし問題は、すでに学校を卒業した大人たちです。今年1月から、富士通株式会社が従業員7万人にがん教育を開始すると発表しましたが、がん教育は企業に委ねられているのが実態です。

 

そうした中で大切なのは、各個人が「がんに関する正しい知識」を身につけることです。例えば、日本ではかねて「がん家系」という言葉が知られ、遺伝の影響を心配する人も少なくありませんが、「遺伝の影響は5%程度」というのが正しいところ。それよりも、がんの原因の6割以上と考えられている「生活習慣」に気をつけるべきです。

 私は2018年12月に膀胱がんが見つかりました。幸いにも大きさ1.5センチの早期がんだったので内視鏡手術を受けて切除できましたが、当事者になって、改めてがん予防の重要性を実感しています。正しい情報を見ていきましょう。

◆北国で死亡率が高い理由

 禁煙、節酒はよく知られますが、多くの人が「関係ないだろう」と思っている習慣も、がん予防につながります。

●1日2回以上の「歯みがき」
 愛知県がんセンター研究所の調査では、1日2回以上の歯みがきをする人は、1日1回の人に比べて、口の中や食道のがんのリスクが3割減ることが分かりました。口腔内で発がん性物質を作る細菌を含む歯垢を、歯みがきで除去しているからだと考えられています。

 自前の歯の本数も重要です。同調査では、自前の歯が1〜8本しか残っていない人は、21本残っている人に比べて、食道がんリスクが1.9倍上昇するとしています。

●「貧乏ゆすり」も運動
 運動不足はがん発症リスクを高めます。デスクワークは、肉体労働よりも前立腺がんリスクが28%高いというデータもあります。

 運動する時間がなかなかとれない人は「貧乏ゆすり」だけでもいい。長時間座ったままでも筋肉を動かし続けることで、エネルギー消費を高め、静脈血栓の予防、股関節の老化防止効果も期待できます。

 もちろん、できれば多く運動するほうが望ましい。私も医師になって運動量が減りましたが、毎日30分程度のランニングを心がけています。

●「1日10分の日光浴」の意外な効果
 国立がん研究センターの大規模研究では、血液中のビタミンD濃度が高い人は、低い人に比べて、特に肝臓がんになるリスクが低下するという結果が出ています。肝臓がんの原因とされている肝炎とビタミンDの抗炎症作用の関係が考えられます。

 ビタミンDは魚介類に多く含まれますが、「日光浴」で紫外線を浴びることにより、体内で生成することができます。紫外線の量により日光浴時間は異なりますが、夏であれば北海道でも1日10分で十分なビタミンDが合成されます。冬になると、例えば茨城県つくば市で41分、北海道札幌市で139分かかるとの研究結果があります。

 興味深いのは、北海道や青森、秋田などの北国でがん死亡率が高いというデータです。日光以外の要因も考えられるため因果関係は断定できませんが、意識的に毎日の日光浴を心がけてもよいのではないでしょうか。

●睡眠時間は長すぎても短すぎても×
 東北大学などの調査によると、睡眠時間が6時間以下の人は前立腺がんのリスクが有意に高くなりました。一方、睡眠時間が長くなると大腸がんのリスクが増えるとの研究結果もあります。

 睡眠時間は7時間くらいが理想的とされます。別の調査でも、睡眠が4時間未満の男性は7時間の男性に比べ、死亡リスクが6割近く高まりました。一方、10時間超の男性も死亡リスクは約7割高くなっています。

●夜勤は「前立腺がんリスク」
 日本人男性を対象とした研究では、夜勤の人は日中勤務に比べて前立腺がんリスクが2.3倍、夜と日中の交代制で勤務する人は3倍に高まりました。世界保健機関 (WHO)の外部機関である国際がん研究機関も、夜間勤務を、ヒトに対しておそらく発がん性がある「グループ2A」に分類しています。

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事(外部サイト)