2月中旬にかけてきらりと光る映画が続々、鎌田實医師が紹介

2月中旬にかけてきらりと光る映画が続々、鎌田實医師が紹介

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 仕掛けが大きな大作映画だけでなく、人生の機微を感じる映画作品も好きな諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師。お正月大作映画のあとに公開を控えている、きらりと光った映画を鎌田医師が紹介する。

 * * *
 お正月は映画館にとって書き入れ時だが、お子様映画か万人受けのする映画が多い。「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」を見たが、ハラハラドキドキもなく退屈だった。でも、実は、これから2月中旬にかけて、きらりと光った映画がそろっている。

 まず、ぼくがおすすめしたいのが、「私の知らないわたしの素顔」だ。パリの高層マンションに暮らす50代の大学教授が、24歳の女性になりすまし、若いカメラマンと恋に落ちる。会えば正体がバレてしまう。しかし、会いたい気持ちは募っていく。というと、いまさらフェイスブックなりすましの話か、と思われるかもしれないが、物語はもっと複雑だ。

 大学教授を演じるのは、ジュリエット・ビノシュ。出来心でついた嘘だったが、女はどうにも止まらない。自分で自分を裏切っていく。この「嘘」と「裏切り」の物語は、とても見ごたえがあった。

 1月31日からロードショーが始まる「男と女 人生最良の日々」は、ぼくと同年代の人にとっては感慨深い映画だろう。

 1966年に製作された第一作目の「男と女」は、名画座の三本立てで見た。ぼくは大学生だった。フランシス・レイの有名なダバダバダ……というスキャットで始まるテーマ音楽はあまりにも有名。映画も音楽も世界中で大ヒットした。その53年前と同じスタッフとキャストが再集結している。

 レーシング・ドライバーのジャン=ルイは年を取り、施設に入っている。かつて愛したアンヌの思い出を語り続ける父のために、息子がアンヌを施設に招く。ジャン=ルイは彼女だと気づかない。ただ、昔の恋人への思いを語り続けるだけ。アンヌは自分がこんなにも愛されていたのか、と初めて知る。

 二人で愛を確かめ合ったホテルの部屋に行くシーンは、観客も一気にタイムスリップさせられる。時の流れを止めることはだれにもできないが、体のなかにかつての恋人への思いがあふれ、渦をつくり、潮流となっていく。

 恋愛そのものが、脳内でつくられた虚構。「嘘」と言えば「嘘」なのだが、人間はその「嘘」がないと生きていけない。

 副題の「人生最良の日々」は、ヴィクトル・ユーゴーの言葉から取ったものだという。クロード・ルルーシュ監督の、ぼくたち年をとった若者へのメッセージだと感じた。“いくつになっても恋をしなくちゃだめだ。人生最良の日々はこれからやってくる”そう思わせてくれるだけでも、恋愛映画の金字塔の面目躍如だろう。

 仕事か恋愛かの選択を迫られたボクサーがいる。「オリ・マキの人生で最も幸せな日」は実在のボクサー、オリ・マキを描いている。フィンランド映画で、69回カンヌ国際映画祭ある視点部門グランプリを受賞した。ボクサーの映画だからといって、「ロッキー」みたいにアドレナリン全開で、観客の感動を搾り取るようなつくりにはなっていない。

◆こういう嘘が人生には必要なのだろう

 彼は、世界選手権でアメリカのチャンピオンと対戦することになった。ショービジネスとなった世界選手権は、ビッグマネーが動く。その大きな渦のなかで、彼は一人の女性を恋してしまう。

 ロッキーは「エイドリアーン」と叫んで、愛のために戦ったが、オリ・マキもまた愛のために選択をする。結局、彼はマッチメーカーやマスコミを失望させたが、自分の気持ちに嘘をつくことはできなかった。後日談が人間らしくていい。彼は認知症になったが、あの日のことは忘れないと語っているそうだ。

 母親の嘘で育てられ、フランスを代表する作家になった男がいる。彼の名は、ロマン・ガリ。「母との約束、250通の手紙」は、ガリの小説「夜明けの約束」を映画化したものだ。第二次世界大戦下、子どもを必死に育てるシングルマザー。息子が作家になると信じ続ける。母親の言葉がかっこいい。「男が戦う理由は3つだけ。女、名誉、フランス」

 ロマン・ガリはこの言葉どおり、何人もの女性を愛し、作家となり、外交官にもなり、富を築いた。女優ジーン・セバーグの夫としても有名だ。ジーン・セバーグは、鎌田が愛してやまないジャン=リュック・ゴダールの作品にも出ている。「勝手にしやがれ」は名画座で何度もみたが、とても魅力的だった。

 戦地で主人公が戦っているとき、毎週、母親から手紙が届いた。しかし、どんでん返しがまっている。書けないけれど、これがまた、いいんだなあ。

 2月14日からロードショーされる「ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏」も、なかなかすごい。ハリウッドを巻き込んだ嘘のような実話を元にしている。

 アメリカの文壇に突如現われ、時代の寵児となった美少年作家J・T・リロイ。だが、本当に小説を書いているのはローラで、美少年はアバターだった。しかも、その美少年の姿は、サヴァンナという少女が変装したものだった。

 思惑通りJ.T.リロイは注目され、小説の価値は上がっていく。しかし、操り人形のサヴァンナが目覚め始める。カミングアウトし、アーティスト兼作家になっていくのだが……。どこまでが本当でどこまでが嘘なのかわからない。現実とバーチャルを行ったり来たりする。

 打って変わって日本映画、「山中静夫氏の尊厳死」は実に感動的だった。肺がんで肝臓に転移したことがわかった男は、積極的治療を拒否する。その男、山中静夫を中村梅雀が演じている。彼は、自分の思い通りに死んでいこうとして、婿に入った家を裏切る。自分自身に嘘がつけなかったのだ。この男の生き方が実にかっこいい。

 嘘がずっと続けばいいなと思ったのは、「コンプリシティ 優しい共犯」だ。技能実習生として来日した中国人の青年は、職場から逃亡して他人の証明書をつくり、山形のそば屋で働き始める。そのそば屋のオヤジを藤竜也が演じている。まるで親子のように関係を築いていく2人。こんな優しい空間があったら、人はどれほど救われるだろうか。

 どんなに誠実に生きようとしても、人は嘘をついてしまう。自分に対しての嘘、他人に対しての嘘、どんなに願っても実現しえない嘘。こんな嘘には、道徳で断罪しきれない、生きることの悲しみを感じずにはいられない。今回紹介した映画は、そんな人生の機微を感じるものばかりだった。

 そういえば、映画じたいが美しい「嘘」ともいえる。嘘は、現実よりも鮮やかに真実を映し出す。こういう嘘が、人生には必要なのだろう。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2020年2月7日号

関連記事(外部サイト)