アスパラガス、明治時代にかけて観賞用として栽培 腎臓や肝臓の機能回復に期待も

記事まとめ

  • 春から夏にかけて旬を迎えるアスパラガス、ユリ科の植物で新芽の茎を食用とする
  • アスパラガスは美しい花と実もなることから、明治時代にかけて観賞用として栽培された
  • 利尿作用による腎臓や肝臓の機能回復、ルチンの血管増強作用なども知られる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております