92才ばぁば 心筋梗塞発作時、“死ぬわけにはいかない”と叫んだ

92才ばぁば 心筋梗塞発作時、“死ぬわけにはいかない”と叫んだ

「苦労の跡を見せない」とばぁばこと、鈴木登紀子さん

 日本料理研究家の鈴木登紀子さん(92才)は、1924年青森県八戸市生まれ。自宅で始めた料理教室をきっかけに、46才のときに料理研究家としてデビュー。テレビをはじめ雑誌などで広く活躍。料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)への出演は40年を超え、今も料理教室を主宰している。最新刊は『ばぁば 92年目の隠し味 幸せを呼ぶ人生レシピ』(1400円+税、小学館刊)。

 昨年、肝臓がんの定期検診と治療入院中に心筋梗塞の発作が起き、緊急手術で一命をとりとめた。

「目の前がまっ暗になって、ついにこの時が来た…と。いや、だめだめ! これはいけない、このままではいけない。無我夢中で、『誰か来てくださーい! このまま死ぬわけにはいかないのですぅ!!』と叫んでおりました(笑い)。

 だって、2日後にはお教室が控えていたのだもの。あとで、『あんな大声出したら、かえって心臓に悪いわよねえ』と、主治医の先生や看護師さんたちと大笑いよ」(鈴木さん・以下「」内同)

 病の話をするのは笑い話になってから…が、ばぁばの流儀。入院時はもちろん、体調が悪いときは、そうとは言わず、しかも、家族以外の人間には決して会わない。ここが痛いなどと不健康自慢をするばぁばは見たことがないし、苦労話もしない。

「“怒髪天を突く”如くに荒れた姿を人様に見せるなんてとんでもないわ。母もそうでした。昭和6年に父が亡くなった際、たったひと言、ほっとした…と。父は厳しい人でしたけれど、母にとって耐えがたい結婚生活だったとは思えません。父の死はきっと、母にとって“家庭”という大仕事の締めくくりだったのでしょう。

 苦労の跡を見せない。たとえわが子であっても愚痴はこぼさない。これは昔の女性のたしなみであり、美学でもあったのです。私も、いつも朗らかなちょっと面白いばぁさんだった…と覚えていただけたら、人生、上出来です」

撮影/近藤篤

※女性セブン2017年6月1日号

関連記事(外部サイト)