医師オーバーワーク「ブラック病院」は医療ミス発生しやすい

医師オーバーワーク「ブラック病院」は医療ミス発生しやすい

医師が過労で疲弊している病院も

 医療ミスは決して「珍しいこと」ではなく、「すぐそこにあるリスク」と考えておくべきである。

 日本医療安全調査機構の調査によれば、医療事故を示す「病院内の調査が必要な“患者の予期せぬ死亡”」の数は2017年4月だけで33件ある。2015年10月の調査開始から1年7か月で累計は601件。1日1件のペースで発生しており、報告されないものも含めれば、潜在的な医療事故はもっと多いと考えられる。

「医療ミス」というと「誤診」や「医師の技術不足や過信」、あるいは「器具の不具合」といった医療行為そのもののミスを想像しがちであるが、それ以上に多いと推測されるのは医師の「過労」を原因とするものだ。

 日本外科学会が外科医8316人を対象にアンケート調査を行なったところ、「医療事故は何が原因と考えるか」(複数回答可)という質問に対して81.3%が「過労・多忙」と回答した。2位の「スタッフとのコミュニケーション不足」(67.1%)、3位の「知識・勉強不足」(59.4%)を大きく上回っており、当事者である医師たちが、日頃から「過労」「多忙」が医療事故に直結しかねないと危惧している現状が浮かび上がる。

 労働政策研究・研修機構が全国の勤務医3528人に行なった調査(2011年)では、厚労省が過労死ラインとして定める月80時間以上の時間外労働をした医師の2割以上が、「医療事故につながりかねない体験をした」と回答している。

 そうした調査結果からも、医師にオーバーワークを強いる「ブラック病院」ほど、医療ミスが発生するリスクが高いことがわかる。全国医師ユニオン代表である植山直人医師がこう指摘する。

「アメリカやEU諸国では過重労働と医療ミスの関係性が認められて、医師の長時間労働が規制されています。しかし日本の医療界には“医は仁術”“医師は聖職”という風潮がいまだに残っているからか、長時間労働が常態化している。当直時には30時間を超える連続勤務もある」

 医師個人の力量ではいかんともしがたい医療環境の構造的な問題であるという指摘だ。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)