『BLUE GIANT』の石塚真一氏 遅咲きデビューまでの日々

『BLUE GIANT』の石塚真一氏 遅咲きデビューまでの日々

『岳』『BLUE GIANT』を生んだ石塚真一氏

 ジャズミュージシャンの成長を描いた漫画『BLUE GIANT』がシリーズ累計230万部を突破、第62回小学館漫画賞を受賞するなど注目を集めている。それにしても、なぜ数ある音楽の中でもマイナーと位置づけられているジャズをあえてテーマに選んだのか。前作『岳』で山岳漫画に風穴をあけた作者の石塚真一(45)は、こう明かす。

「日本のジャズには、どうしても少しハイソでフォーマルというイメージがある。でも、そうじゃなくて、Tシャツとジーンズで聴きに行って、プレーヤーたちの喧嘩のような激しいバトルを見る楽しみもあるわけです。

 内なるものをさらけ出し、勝負するのはジャズが一番だと思う。とにかく〝わあ、ジャズってどんな音楽よりも格好いいな〟と感じてもらえるような漫画が描けたらと思って始めたんです」

『BLUE GIANT』の連載が『ビッグコミック』誌で始まったのは、2013年のこと。現在はコミック全10巻を刊行し終わり、続編の『BLUE GIANT SUPREME』が連載中だ。

「まじめにフラフラしていた」と本人が振り返るように、石塚の漫画家としてのスタートは、30歳直前と極めて遅い。高校を卒業した石塚は、南イリノイ大学新潟校に進学した。その後、アメリカ本校に渡るが、山に魅せられカリフォルニアの大学に転籍。気象学を専攻し始める。

「山登りが本当に好きだったので、高地気象を勉強しておけば、国のお金でヒマラヤに行けるんじゃないかと思った(笑い)。それに、山で雷に遭ったことがあってとても怖かったんですが、空を勉強しておけば役に立つかな、と」

 28歳で帰国した石塚は、アメリカ時代の知り合いが経営する小さな輸入商社に入社する。が、会社は半年で倒産、石塚はこれを機に漫画に挑戦することを決意する。

「もう30歳手前になってましたから、やり残しはないようにと思ってました。日本の社会から出遅れていたし、30までに勝負したいと思って、漫画を描いて応募したんです。それまで自分が絵を描いているのを見た人は誰もいません。学生時代の友人からすれば“なんでお前が漫画家なの?”という感じだと思います」

 石塚は、祖父が木彫りの彫刻師、母が美術教師という環境で育ったものの、事実、それまで漫画らしい漫画は描いたことがなかったのだ。が、石塚は宣言通り『This First Step』で小学館新人コミック大賞に入選。漫画家への道を歩み始める。そこで最初に取りかかったのが『岳』だった。

「僕は、アメリカから、2つのお土産を持ち帰ってきたんです。ひとつはクライミング。ひとつはジャズ。いつかその2つの好きなものを描けたらいいなと思っていました」

 石塚は全力で漫画に取り組み始める。処女作に人生を託すような気持ちだった。こうして2003年にスタートした『岳』は『ビックコミックオリジナル』に読み切りで掲載され、すぐに読者の心をつかみ、連載化される。

 その後『岳』は、小学館漫画賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。小栗旬の主演で映画化もされ、話題を呼んだ。大自然の中で繰り広げられる山岳救助の物語は、見事に石塚の代表作となった。

【プロフィール】いしづか・しんいち/1971年、茨城県生まれ。『BLUE GIANT』は第62回小学館漫画賞(一般向け部門)、マンガ大賞2016第3位、第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門対象など数々の栄誉を受けている。『BLUE GIANT SUPREME』は現在『ビッグコミック』で連載中。第1集は発売中、第2集は6月30日頃発売予定。5月22日発売の週刊ポストには、『BLUE GIANT SUPREME』のオールカラー8Pの特別読切が掲載されている。

取材・文■一志治夫 撮影■今津聡子

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)