世界の巨乳地図 冷戦終結に伴うベルリンの壁崩壊で変化

世界の巨乳地図 冷戦終結に伴うベルリンの壁崩壊で変化

『BACHELOR』が登場したのは1977年

 自販機本とエロ劇画誌が人気だった1977年、現存する唯一の巨乳専門誌『BACHELOR(バチェラー)』が初めて書店に並んだ。以来40年、同業他誌が次々と姿を消すなか、今もなお巨乳ファンを魅了し続けている。創刊直後から同誌に携わり、世界中の“巨乳”を発掘してきた4代目(1984年~)編集長・白石弘氏は語る。

「創刊号は大場久美子や香坂みゆきほか、荒木一郎までも特集する一方、セクシーなグラビアも載せる中途半端な芸能誌でした。当時売れていた『GORO』の出来損ないのような雑誌で(笑い)、返品率が8割を超えるほどまったく売れませんでした」

 3号を発売した時点で早くも廃刊の瀬戸際に追い込まれ、背水の陣の4号から外国人の絡みヌードを中心にした「エロ本路線」に大きく舵を切った。これが功を奏して売り上げ下落に歯止めがかかり、さらに1979年12月号で3代目編集長・毛利朋友氏が打ち出した「巨乳路線」が人気を博し、軌道に乗った。

 巨乳願望をくすぐる外国人モデルのグラビアは、根強いファン層を手中に収めた。創刊当初からの愛読者である現代美術家・松蔭浩之氏はこう語る。

「性衝動を満足させるためだけなら『プレイボーイ日本版』(1975年創刊)や『GORO』(1974年創刊)でこと足りました。しかし、我々はもっと強烈な裸を求めていた。そこに登場したのが『BACHELOR』でした。誌面に所狭しとちりばめられた巨乳モデルからは、日本では見ることのできない豊かさや大きさを見せつけられた気がしました。もっとも、同級生たちからは『変態』と白い目で見られましたけどね(笑い)」

 松蔭氏は巨乳好きが高じて、同誌でカメラマンも務めた。

◆まだ見ぬ巨乳を求めて本場アメリカへ乗り込む

 当時「巨乳」は言葉すら存在せず、「グラマー」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。

「『Dカップ』は海外から輸入してきた言葉です。向こうのサイズは日本よりも2カップ大きいので、巨乳を指す言葉になったのでしょう。『BACHELOR』では『Dカップ女優』とか『Dカップビデオ』といった使い方をしていましたね」(『痴女の誕生』著者で日本巨乳史に精通するフリーライター・安田理央氏)

 日本では1980年代から中村京子が「Dカップ京子」として活躍していたが、国内はおろか海外でも巨乳のモデルは少なかった。通信社を通じてモデルの画像を手に入れていたが、それも限度がある。

 そこで巨乳を撮影しているアメリカのスタジオに編集部員が乗り込み、直接入手することになった。さすがに巨乳の本場アメリカだけあって、モデルのバラエティは豊富で、同誌にとって生命線ともいえるカメラマンとの出会いも生まれた。ジョン・グラハムである。

「当時のアメリカは豊胸手術が盛んになり始めた頃でした。ジョンは、化け物みたいなオッパイをたくさん撮影していたので彼の作品は大変な反響がありました」(前出・白石氏)

 一方、世界の“巨乳地図”は冷戦の終結に伴うベルリンの壁崩壊によって大きく模様を変えた。共産圏のモデルが大量に西側に流入、世界中のグラビア誌面を様々な巨乳が彩った。だが、豊胸手術による巨乳は賛否両論を呼び、日本でも是非が問われた。論争に終止符を打ったのは、1991年に登場した東ドイツ出身のクロエ・べブリエだった。

 クロエ・べブリエのナチュラルで圧倒的な美巨乳は、「自然な巨乳が一番」という空気を生んだ。カースティン・イムリー、ダニー・アッシュ、ゲイル・マッケンナ、リンジー・マッケンジーほか、多くの爆乳モデルが後に続いた。一方、日本でも「巨乳」の言葉が広く浸透し、1989年にAVデビューした松坂季実子が人気を博し、ヘアヌード解禁も追い風となってエロ本業界は黄金期に入った。

 ところが、インターネットの台頭で2000年代に入るとエロ系雑誌は次々と廃刊。かつてない逆風の中、『BACHELOR』はエロ本に路線を変更してから初となる日本人モデルを表紙に起用するなど新機軸を打ち出していった。表紙を飾ったAV女優・Hitomiは海外でも注目され、アメリカの巨乳雑誌のグラビアを飾るまでになったほどだ。

 40年の長きにわたり、徹頭徹尾「巨乳」にこだわり、伝え続けてきた『BACHELOR』は、これからも世界の巨乳クイーンを探し求めていく。

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)