ブラック病院の見分け方 新人医師の出身大学をチェック

ブラック病院の見分け方 新人医師の出身大学をチェック

ブラック病院の見分け方は?

 医師の技術不足や過信といった医療行為そのものに落ち度があるケースを思い浮かべがちだが、実際には、医療スタッフによる「過労」を原因とするものが多いといわれている。働く人にオーバーワークを強いる「ブラック病院」ほど、医療ミスが発生するリスクが高い。その病院がブラックかどうか見極めるために、実際に病院でチェックするポイントを紹介する。

■常勤医が6割以下

 まずは病院入り口近くに貼られている「医師の外来診察表」で、常勤医と非常勤医の割合を確認してみよう。開業医の北野國空氏がいう。

「1週間のスケジュールのうち、常勤医が6割以下なら、その病院は医師が不足しています。経営の苦しい病院は、コストがかからない非常勤医を採りたがりますが、非常勤医は入れ替わりが激しく、患者はあまり頼りにできない。常勤医が9割以上の病院は経営が安定しているといえるでしょう」

 診察表に記載がなければ病院で確認できる。

■新人医師の出身大学をチェック

 病院の待合スペースでは、壁に掲げられていることが多い新人医師のプロフィールをチェックしたい。病院経営に詳しい医療サービスアドバイザー・武田哲男氏が解説する。

「新人医師の卒業した医大が院長や診療科長などと一緒だったら、病院側もある程度人物を知って選んでいます。

 全く系統の違う医大出身の医師だったら、病院の人脈や人材獲得能力が乏しく、仕方なく選んでいるかもしれません」

■予約したのに1時間以上待たせる

「紹介状を持っていたり、予約をしたのにもかかわらず、患者を平気で1時間以上待たせる病院は、多忙な医師のスケジュールを管理できていないことを示しています」(病院経営経験がある医師)

 このような場合は組織運営に難があるので他にも様々な面で弊害が生じる可能性がある。

■スタッフの制服が汚れている

 前出・武田氏は「服装の乱れは病院の乱れ」と指摘する。

「最近、グリーンなどのカラフルな制服が目立つのは、手術などの際に付着した血を目立たなくするためです。『汚れてもいい』という意識が生まれがちになり、制服の洗濯が疎かになる危険性もある。

 医師をはじめスタッフが同じ色のユニフォームを着るのは、どの患者にも同じ対応をするという病院の気持ちの表われです。その制服が汚れているなんて論外。そうした病院は経営側の管理に問題がある可能性もあります」

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)