『BLUE GIANT』の石塚真一氏 音楽を紙で表現する技術

『BLUE GIANT』の石塚真一氏 音楽を紙で表現する技術

自らサックスをプレーする石塚真一氏

 ジャズミュージシャンの成長を描いた石塚真一の漫画『BLUE GIANT』がシリーズ累計230万部を突破、第62回小学館漫画賞を受賞するなど注目を集めている。石塚を長く支える担当編集者は、その魅力をこう表現する。

「表情、線、表現、コマ割と画のあらゆるところが真摯なんです。彼の持って生まれた人柄がよく出ていて、とってつけたような感じにはならない。人が動いて、喋っていても、何かがそこにあるような感じがするんです。真摯な漫画家さんはたくさんいるんですけど、特別な感じがしますよね」

 石塚が描くのは、人間だ。『BLUE GIANT』でも、主人公であるテナーサックスの宮本大、ピアノの沢辺雪祈、ドラムの玉田俊二の3人を始め、登場する人々は皆、人間味にあふれている。そこには、石塚自身の優しさ、真面目さ、人懐っこさがおのずと投影されているのだろう。一方、ジャズ漫画を作るには、音楽を紙の上でどう表現するかも重要になってくる。

「音が鳴っていると思って描くんです。念仏みたいに、頭の中で、これは鳴っているんだ、鳴っているんだと思いながら描く。それも、試行錯誤しながら毎回変えて描く。やっぱり、音のシーンが盛り上がっていかないとこの漫画は失速すると思うんです。読者の方は『鳴っているように見える、音が聴こえる』と言ってくださるんですけど、それは本当に読み手の人たちの想像力が豊かで、それに助けられているんです」

 石塚は、自らの作品によってジャズが盛り上がることを心底願っている。そして、こう思うのだ。

「いつの日か、日本からジョン・コルトレーンやソニー・ロリンズが出てほしい、というのが僕の夢なんです。そんな日が来るまでジャズを盛り上げるお手伝いができたらと思っています」

◆1話、1話を大事に

『BLUE GIANT SUPREME』で、主人公の宮本大はドイツへと修行の旅に出た。物語はまだまだ続くが、気になるのは、次作、つまり3作目の長編だ。テーマは決まっているのだろうか。

「おもしろいテーマはいくらでもあるな、という気はしています。でも、僕はいま『BLUE GIANT』と結婚しているんです。離婚することは考えず、ひとつのことをちゃんとやろう、と。

 僕、相撲が好きなんですけれど、お相撲さんがよく『一番、一番を大事に』って言うじゃないですか。以前は、なんだ、この決まり文句はと思ってたんですけど、いまはすごくわかります。ああ、お相撲さんは、本当に心の底からそう思って言ってたんだ、って。僕もいま、この1話を描いたら、次にまた1話となっている。それを継続した結果、ずっと漫画家でいられたらいい。そう思っています」

【プロフィール】いしづか・しんいち/1971年、茨城県生まれ。『BLUE GIANT』は第62回小学館漫画賞(一般向け部門)、マンガ大賞2016第3位、第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門対象など数々の栄誉を受けている。『BLUE GIANT SUPREME』は現在『ビッグコミック』で連載中。第1集は発売中、第2集は6月30日頃発売予定。5月22日発売の週刊ポストには、『BLUE GIANT SUPREME』のオールカラー8Pの特別読切が掲載されている。

取材・文■一志治夫 撮影■今津聡子

※週刊ポスト2017年6月2日号

関連記事(外部サイト)